>
>
2016年01月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2016年01月01日号 16面

高2の2月、センター試験レベルの完成度で合格率がここまで違う!

2016年1月、新しい年のはじまりとともに、受験生がセンター試験本番を迎える。新高3生は1年後の本番に向けて、自ずと気がひきしまる時期であろう。

そこで今回は、高2の2月時点の成績が合否にどのような影響をおよぼすのかを検証した。この結果を参考に、志望校合格に向けた学習計画を立て、実行してほしい。

早慶合格者と不合格者1年前に約70点差!

資料1のグラフは、難関国立大・早慶の合否別に、高2の2月「センター試験本番レベル模試」の3教科3科目(500点満点)の得点を比較したものである。

資料1

これによると、難関国立大合格者の平均は348.5点、不合格者は302.5点と46.0点の差であり、早慶の場合は、合格者平均が338.3点、不合格者は269.0点と69.3点の差であった。

得点率でみると、難関国立大の合格者は69.7%、早慶は67.7%である一方、不合格者は約6割にとどまっている。

難関国立大や早慶の合否を分けるのは、基礎力と志望校対策である。難関大を志望するならば、まずは受験科目の基礎をいち早く完成させたい。学習の成果を実感するために、センター試験レベルの問題に定期的に挑戦しよう。

難関国立狙うなら、高2の2月で5教科85%得点を目指せ!

資料2は、同じく高2の2月に受験した「センター試験本番レベル模試」の得点グループ別に、難関国立大の合格率を比較したものである。

      
資料2

5(6)教科7科目で85%以上得点できていれば合格率は85.7%であった。そして、得点率が低くなればなるほど合格率は低下し、得点率60%以上70%未満では合格率39.9%となり、得点率の開き以上に大きく差が開いてしまった。

大切なのは、今の自分をしっかり知ることだ。新高3生は、今月16日・17日に行われる「センター試験同日体験受験」を受験して、自分の実力を把握してほしい。また結果をもとに対策を立て、1カ月後の「第1回2月 センター試験本番レベル模試」(2/21[日])に臨もう。

<データについて>

データの対象は、2014年「第1回2月 センター試験本番レベル模試」受験者(受験当時高2生に限定)。3科目は、文系の場合は英国地歴公民、理系の場合は英数理とした。

対象大学は、難関国立大( 東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学、全国国公立大学医学部医学科)、早慶( 早稲田大学、慶應義塾大学)

最新ニュース

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力が重視されるほか、日本版では教育の充実度や成果、国際性などが重視されている。東北大では国際性が重視され、東工大では国際性のほか、教育の充実度などが評価され、昨年から大きく順位を上げた。詳細は、「THE世界大学ランキング日本版2020」のウェブページから。〔2020/03/26 東進タイムズ〕
  • 2020/03/26

世界大学ランキング 日本版 東北大学1位、東京大学3位

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力… →もっと読む

東京大学は、「令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について」を公表し、2021年度入試から推薦入試の要件を変更することを発表した。これまで1校が推薦できる人数は「男女各1人、合計2人まで」だったが、2021年度入試からは、「合計4人までとし男女各3人以内」となる。同大学では平成28年度入試より推薦入試を実施しており、推薦要項変更の理由を、「高等学校等における受験希望者数に配慮しつつ、受験生の多様性を高め、学部教育の更なる多様化・活性化をはかるため」と説明している。詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/03/19 東進タイムズ〕
  • 2020/03/19

東京大学 推薦入試の要件を「1校から4人まで」に変更

東京大学は、「令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について」を公表し、2021年度入試から推薦入試の要件を変更することを発表した。これまで1校が推薦できる人数は「男女各1人、合計2人まで」だったが、2021年度入試か… →もっと読む

明治大学では、2019年度の公認会計士試験の大学別合格者数が87名で、2017年度より3年連続の3位となった。注目すべき点は、現役合格率が全国平均40.6%に対して大学全体で50.5%、さらに同大学の経理研究所在籍者の現役合格比率が89.4%を記録したことである。明治大学経理研究所では、公認会計士の資格取得を目指す学生に向けて手厚く細やかなサポートを用意している。こうした学生の資格取得のための大学の取り組みも、志望校選びの基準の一つとなりそうである。詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/03/06 東進タイムズ〕
  • 2020/03/06

明治大学 公認会計士試験大学別合格者数3年連続3位

明治大学では、2019年度の公認会計士試験の大学別合格者数が87名で、2017年度より3年連続の3位となった。注目すべき点は、現役合格率が全国平均40.6%に対して大学全体で50.5%、さらに同大学の経理研究所在籍者の現役合格比率が89.4%を記録した… →もっと読む

東京大学は、「2021 年度(令和 3 年度)東京大学入学者選抜(一般入試)に関する予告について」をウェブページに掲載した。公表内容は、利用教科・科目や外国語「英語」の利用方法、大学入学共通テストの記述式問題(国語・数学)の導入見送りを踏まえた予告の変更等である。東京大学 令和3年度における入学者選抜に関する予告の詳細はウェブページから。〔2020/02/25 東進タイムズ〕
  • 2020/02/25

東京大学 令和3年度一般入試における入学者選抜方法等を公表。

東京大学は、「2021 年度(令和 3 年度)東京大学入学者選抜(一般入試)に関する予告について」をウェブページに掲載した。公表内容は、利用教科・科目や外国語「英語」の利用方法、大学入学共通テストの記述式問題(国語・数学)の導入見送りを… →もっと読む