>
>
2017年01月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2017年01月01日号 1面

今からでもできる!センター試験本番直前まだ1科目20点伸びる!

 センター試験までついに2週間あまり。今号の東進タイムズでは、入試本番までにやるべきこと、そしてセンター試験本番で実力を最大限に発揮するために最後にやっておきたいことを独自の調査で明らかにしたので紹介しよう。

直前でも、まだまだ伸びる!

現役合格者の最後の1カ月の伸びを前号で見たところ、全体の35.8%が、50点以上伸ばしていた。さらに、本番直前「最終12月センター試験本番レベル模試」の得点が低かった科目ほどよく伸びていることが判明した。「苦手科目」は直前でもまだまだ伸びるのだ。

本紙発行日の1月1日からセンター試験本番まであと2週間弱。時間は限られているが、取り組み方次第で、特に苦手科目はあと20点や30点は伸びる可能性が残されている。直前期の集中力を持って本気で取り組めば、1時間で1点アップも決して夢ではない。

今から学力をさらに伸ばし、本番で最大限に力を発揮するためには、いったい何をすべきなのか検証していこう。

センター試験 最大の壁は「時間」だ!

資料1は、本紙編集部実施のアンケートで、今年度に難関大を現役合格した高校生に「センター試験で得点するために改善すべきことは何か」を調査した結果である。

資料1

最も多かった回答は「解くスピードを上げる」が45.5%、続いて「ケアレスミスをなくす」41.3%、「問題演習量を増やす」32.6%であった。これらの3つの改善点は、昨年同様に上位を占めた。最も多かった回答は「解くスピードを上げる」が45.5%、続いて「ケアレスミスをなくす」41.3%、「問題演習量を増やす」32.6%であった。これらの3つの改善点は、昨年同様に上位を占めた。

解くスピードをあげるために「8割の時間で問題に取り組む」「過去問をもう一度解き直して演習量を増やす」ことは今からでもできるだろう。また「時間配分を工夫して見直しの時間を作る」ことで、ケアレスミスを減らすこともできる。センター試験の「時間の壁」は、演習量を増やし、時間配分を工夫することで克服しよう。

成功のカギを握るのは時間配分と優先順位づけ

では、難関大現役合格者は具体的にどの科目で「試験時間が足りない」と感じていたのだろうか? 資料2は、「もっと時間がほしかったのはどの科目か」を質問した結果である。

資料2

調査結果は、数学II・Bが28.0%と最も多く、次に英語が12.5%、数学I・Aが11.1%と続いた。2015年は数学II・B、英語、現代文が上位であり、その年の問題によって順位は変わるものの、主要3教科が時間の足りなさの上位を占める傾向に変わりはない。 

試験本番で持てる力を十分に発揮する。そのためには、解ける問題を時間内に確実に解答することが重要だ。直前期となる今からの学習は、時間配分と優先順位づけを意識して取り組もう。

データについて

2016年 東進タイムズ編集部実施アンケート

対象大学:東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、
京工業大学、一橋大学、東京外国語大学、早稲田大学、慶應義塾大学

最新ニュース

ゴールデンウィークが明けた5月12日(土)と13日(日)、東京工業大学のすずかけ台キャンパスで学園祭「すずかけ祭」が行われる。大岡山キャンパスで10月に行われる工大祭と並ぶ大イベントだ。50を越える研究室が参加する研究室公開や科学実験教室をはじめ、生命理工学系のオープンキャンパスも同時開催。工学系の人材不足が心配される今日、世界最先端の研究への感慨が、君と工学を結ぶ糸になるかもしれない。日程 5月12日(土)・13日(日)10:00〜16:00会場東京工業大学 すずかけ台キャンパス東京工業大学 すずかけ祭に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/04/25 東進タイムズ〕
  • 2018/04/25

東京工業大学 すずかけ祭を開催

ゴールデンウィークが明けた5月12日(土)と13日(日)、東京工業大学のすずかけ台キャンパスで学園祭「すずかけ祭」が行われる。大岡山キャンパスで10月に行われる工大祭と並ぶ大イベントだ。50を越える研究室が参加する研究室公開や科学実験教室… →もっと読む

今年も学園祭の季節が始まろうとしている。口火を切るのは大阪大学のいちょう祭で、4月30日(月・祝)、5月1日(火)に豊中キャンパス・吹田キャンパスの両方で開催される。学生が運営する120以上の企画に吉本お笑いライブ、各学部の研究室や研究所が企画するイベントを加えると、その数なんと約200! どのイベントに参加するか、事前にウェブページでプログラムをチェックして、憧れのキャンパスとお祭り気分を満喫しよう! 日程 4月30日(月)・5月1日(火)会場大阪府立大学 豊中キャンパス・吹田キャンパス大阪大学 いちょう祭に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/04/20 東進タイムズ〕
  • 2018/04/20

大阪大学 いちょう祭を開催

今年も学園祭の季節が始まろうとしている。口火を切るのは大阪大学のいちょう祭で、4月30日(月・祝)、5月1日(火)に豊中キャンパス・吹田キャンパスの両方で開催される。学生が運営する120以上の企画に吉本お笑いライブ、各学部の研究室や研究… →もっと読む

  • 2018/04/16

国立環境研究所 春の環境講座「地球のことでアタマをいっぱいにする1日」を開催

国内最大のサイエンスシティ筑波研究学園都市にそそり立つ国立環境研究所で、4月21日(土)に春の環境講座「地球のことでアタマをいっぱいにする1日」が開かれる。高校生以上が対象。地球温暖化や化学物質汚染、自然環境保護や廃棄物問題などにつ… →もっと読む

この春、明治大学文学部に「哲学専攻」が新設された。その誕生を記念して様々な大学から研究者を招き、4月14日(土)にシンポジウムを開催する。哲学とは、普段あたり前と思っている見方から距離をとって考えることで、新しい世界を創造する学問。急激な社会の変化のなかで、人間の生や自由が根本から問いなおされている今こそ、哲学のポテンシャルが求められている。君にとっても「コペルニクス的転回」があるかもしれない。日時 4月14日(土)13:00〜16:40場所明治大学駿河台キャンパス リバティホール参加方法無料、事前申込不要プログラム13:00 開会の辞13:10〜14:50 第1部「発言する哲学〜大学・路上・カフェ〜」14:50〜15:00 休憩15:00〜16:40 第2部「越境する哲学〜共生・断絶・歴史〜」16:40 閉会の辞明治大学 「哲学専攻」発足記念シンポジウムに関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/04/11 東進タイムズ〕
  • 2018/04/11

明治大学 「哲学専攻」発足記念シンポジウムを開催

この春、明治大学文学部に「哲学専攻」が新設された。その誕生を記念して様々な大学から研究者を招き、4月14日(土)にシンポジウムを開催する。哲学とは、普段あたり前と思っている見方から距離をとって考えることで、新しい世界を創造する学問。… →もっと読む