>
>
2017年06月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2017年06月01日号 16面

高2生必見!!「高2の6月模試受験開始」でセンター本番46.1点差!!

高2生・高1生にとって、今年の夏は、1年後・2年後に迎える夏の貴重な練習の機会。受験生の夏については、これまで東進タイムズでも、戦略や学習法などを取り上げてきた。夏の時間効率を飛躍的に高めるために欠かせないのは、この6月に「いつまでに何を準備するのか?」を考え、実行することだ。1年後・2年後に迎える夏の貴重な練習の機会。受験生の夏については、これまで東進タイムズでも、戦略や学習法などを取り上げてきた。夏の時間効率を飛躍的に高めるために欠かせないのは、この6月に「いつまでに何を準備するのか?」を考え、実行することだ。

今やるべきことを夏に後回しにすることのないよう、本号に掲載されるデータや講師陣のアドバイスを読み、学習を進めてほしい。6月を有効活用するため、まずは模試受験のデータをもとに受験勉強における事実を探ってみよう。

高2の6月から模試受験するとワンランク上の志望校を狙える

模試の受験が、志望校合格を勝ち取るために欠かせない要素となっている。編集部実施のアンケートでは、難関大現役合格者の70.6%が高2のうちに受験勉強を開始していた(4月号より)。そして多くの先輩たちが、本格的な受験勉強の第一歩として取り組んでいたのが模試の受験である。

そこで今回は、模試の受験開始時期によって、センター試験本番の得点にどのような違いが出るかを紹介しよう。資料1を見てほしい。このグラフは、東進の「センター試験本番レベル模試」を高2の6月から受け続けた受験生と、高3の8月に初めて受験した受験生の、センター試験本番における得点を比較したものである。

資料1

これによると、高2の6月に模試受験を始めた受験生は3教科合計436.8点であり、高3の8月に初めて受験した受験生よりも、46.1点も高く得点していた。この差を5教科トータルで考えれば、得点差はさらに広がっていたと考えられる。

つまり、高2の6月から模試を連続受験して、計画的に学習を進めることで、センター試験の合否判定で1~2ランクの違いを生み出すことになる。

早期の模試受験が受験勉強を後押しする

では、早期に模試を受験することは、どのような利点があるのだろうか。

資料2

難関大現役合格者に質問したところ、最も多かったのが、「自分の実力を把握できた」で68.0%であった。続いて「志望校との距離を計ることができた」が55.7%、「自分の偏差値がわかった」が37.4%であった。

模試を受験しない理由は、実力に自信がないことや未習分野があることなどさまざまであろう。しかしこの結果を見ると、難関大現役合格者は、今の自分の立ち位置(実力)を知るために、積極的に模試を活用していたことがわかる。

また、「学習成果を計る」以外にも、「モチベーションを保つことができた」という声があげられている。結果に関わらず「もっと頑張ろう」と奮起したり、自信をつけたり、モチベーションアップに欠かせないツールとしても活用していたようだ。

高2生はもちろん、難関大を目指す高1生もぜひ今月25日(日)の「第3回6月センター試験本番レベル模試」や、来月16日(日)の「高校レベル記述模試」にチャレンジして、目標達成のための第一歩を踏み出そう!

このアンケートについて

調査方法
各大学の合格発表会場、インターネット上で実施。
また、掲示板による合格発表を行わない 大学については合格発表直後に個別にアンケートを実施。

調査大学および分類方法
難関大 I 国立大学:東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学 
II 私立大学:早稲田大学、慶應義塾大学 
有効サンプル数409件 数字はすべて無回答を除く100%表示とした。

最新ニュース

東京大学の学園祭である「第92回五月祭」が、5月18日(土)、19日(日)の2日間本郷キャンパスで行われる。今年のテーマは、「〈おもしろい〉が、交差する」。歩みが交差するキャンパスで、次々と生まれいく〈おもしろい〉を体験し、楽しもうというもの。五月祭を満喫するための情報を網羅した公式パンフレットが、ウェブページに公開されている。500を超える企画があるので事前リサーチしておこう。五月祭で見つけた 〈おもしろい〉瞬間を撮影してSNSで「#五月祭っておもしろい」をつけて投稿し、案内所で投稿画面を見せると、オリジナルスマートフォン用壁紙がもらえる。たくさんの〈おもしろい〉と邂逅し、交錯しよう!東京大学 第92回五月祭を開催に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/05/15 東進タイムズ〕
  • 2019/05/15

東京大学 第92回五月祭を開催

東京大学の学園祭である「第92回五月祭」が、5月18日(土)、19日(日)の2日間本郷キャンパスで行われる。今年のテーマは、「〈おもしろい〉が、交差する」。歩みが交差するキャンパスで、次々と生まれいく〈おもしろい〉を体験し、楽しもうとい… →もっと読む

東京農工大学では6月8日(土)、工学部化学物理工学科主催の体験教室を実施する。テーマは、「化学と物理の総合的理解で挑むエネルギー・環境問題と新素材・デバイス開発」。化学物理工学科は、エネルギー・新素材・環境という3つの軸を中心に化学・物理分野をカバーする、他にはないユニークな学科。当日は15の研究室から1つを選択し、教員や大学院生の指導のもとで研究や実験を体験できる。日頃別々に学んでいる化学と物理が融合する世界を楽しもう!実施日 6月8日(土)14:30〜17:30会場東京農工大学 小金井キャンパス 13号館3階L1321教室対象高校生、高専生、教員参加方法ウェブページへまたはFAXにて5月30日(木)までに申し込みプログラム第1部 学科の紹介と授業体験14:30〜14:55 「化学物理工学科」をやさしく紹介します(学科長)14:55〜15:00 学科入試情報・推薦入試情報(編入・特別入試委員)15:10〜15:40 「光を使ったセンサデバイス」(清水大雅准教授)第2部 研究室体験 16:00〜17:30東京農工大学 2019年度体験教室に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/05/15 東進タイムズ〕
  • 2019/05/15

東京農工大学 2019年度体験教室を開催

東京農工大学では6月8日(土)、工学部化学物理工学科主催の体験教室を実施する。テーマは、「化学と物理の総合的理解で挑むエネルギー・環境問題と新素材・デバイス開発」。化学物理工学科は、エネルギー・新素材・環境という3つの軸を中心に化学… →もっと読む

九州大学では、筑紫キャンパスにある大学院、研究所、センター、各種実験施設の実験室や最先端の研究施設を5月18日(土)に一般公開する。当日は、化学実験の実演や、外国人留学生会との交流、巨大プラズマ実験装置や電子顕微鏡の見学など、70を超えるイベントが予定されている。また、総合理工学府への進学希望者等を対象に大学院総合理工学府入試説明会を開催するほか、個別の相談に対応する大学院受験相談コーナーも開設する。文系理系にとらわれず、科学の最先端に親しむ1日にしよう!日時5月18日 (土) 10:00〜17:00場所九州大学筑紫キャンパス参加方法事前申し込み不要、参加費無料対象一般、高校生、小・中学生、在学生・教職員九州大学 筑紫キャンパスオープンキャンパスに関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/05/10 東進タイムズ〕
  • 2019/05/10

九州大学 筑紫キャンパスオープンキャンパスを開催

九州大学では、筑紫キャンパスにある大学院、研究所、センター、各種実験施設の実験室や最先端の研究施設を5月18日(土)に一般公開する。当日は、化学実験の実演や、外国人留学生会との交流、巨大プラズマ実験装置や電子顕微鏡の見学など、70を超… →もっと読む

  • 2019/04/26

JAXA宇宙教育センター エアロスペーススクール2019の参加者を募集

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、高校生を対象としたエアロスペーススクール2019を開催する。エアロスペーススクールとは、全国にあるJAXAの事業所を会場として、高校生がチームで協力して「宇宙ミッション」に取り組む宿泊プログラムだ。会場と… →もっと読む