>
>
2017年11月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2017年11月01日号 16面

センター試験本番 高2の今スタートで、これだけの差が!

編集部が今春に行った「合格発表会場アンケート」では、受験勉強開始時期が合否に大きく関係していることがわかった。しかし、実際の得点にどのくらい差がつくのだろうか。 そこで今回、2017年のセンター試験を受験した東進生の成績データを分析。受験勉強開始時期が、入試本番の得点にどう影響を及ぼしているのかを調べた。その結果を紹介しよう。

高2の今スタートで、センター本番高得点!!

資料1

上の資料1は、今年センター試験を受験した東進生を、受験勉強を始めた時期別にグループ分けして、センター試験本番英数国の平均点を示したものである。これを見ると、高2の「10~12月」にスタートしたグループは、高2の「1~3月」にスタートしたグループと比較して、3教科合計で6.0点、高3スタートのグループとは23.7点の差をつけていた。

さらに、高2の「10~12月」にスタートしたグループの中でも、英語の基礎である単語・熟語・文法を高2の12月までに完成させた人に絞って比較してみると、センター試験本番の平均点は458.6点になり、「1~3月」スタート組とは32.7点、高3スタート組とは50.4点とぐんと差が広がった(資料2)。

勉強開始が早いほど高得点になり、しかも早期に基礎を固めるとさらに高得点となった。善は急げだ。具体的な目標を定め、いつまでに何をするかを計画に落とし込み、実行してほしい。

1ページではセンター試験の得点率と合否の関係を示したが、難関国公立や早慶を志望する場合、入試本番の1年前までに「センター試験本番レベル模試」の英数国で7~8割を得点できるようにしておきたい。

そのためには“もう待ったなし”だ。年明けを待つのではなく、思い立った今、この時から受験勉強を本格的に始めよう。

【データについて】

2017年の大学入試において、次の大学を受験した東進生:全国の国公立大、早稲田大・慶應義塾大・上智大・東京理科大・明治大・青山学院大・立教大・法政大・中央大・関西学院大・関西大・同志社大・立命館大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大。1人で複数受験した生徒は1人とカウント。

受験勉強開始時期は東進で受講を開始した時期とした。

 英語の基礎完成とは、東進の「高速基礎マスター講座」英単語1800、英熟語750、英文法750をすべて修了させていることとした。

最新ニュース

東京理科大学は、平成30年度からの新入生を対象に給付型奨学金を2つ新設した。自宅からの通学が困難な学生を対象とした「新生のいぶき奨学金」と、入学試験の成績が特に優秀な学生を対象とした「乾坤の真理奨学金」。前者は入学試験前に申請し、合格した場合に入学試験の成績により審査を行い採用を決定するもので、40万円が4年間給付される。後者は受験生に募集する奨学金ではなく、入学試験の成績優秀者の中から大学が選抜し、40万円が4年間給付される。科学を志す君の福音となろう。新生のいぶき奨学金給付額・期間40万円(年額)・4年間(薬学部薬学科は6年間)申請資格一般入学試験(B方式)を受験し、4月に昼間学部へ入学する者前年の世帯収入が、給与所得世帯においては700万円未満、給与所得世帯以外においては292万円未満の者志望する学科が設置されたキャンパスへの自宅からの通学が困難な者申請時期平成29年12月1日(金)〜12月15日(金) (消印有効)乾坤の真理奨学金給付額・期間40万円(年額)・4年間(薬学部薬学科は6年間)申請資格一般入学試験(B方式)を受験し、4月に昼間学部へ入学する成績優秀者東京理科大学 給付型奨学金を新設に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2017/11/17 東進タイムズ〕
  • 2017/11/17

東京理科大学 給付型奨学金を新設

東京理科大学は、平成30年度からの新入生を対象に給付型奨学金を2つ新設した。自宅からの通学が困難な学生を対象とした「新生のいぶき奨学金」と、入学試験の成績が特に優秀な学生を対象とした「乾坤の真理奨学金」。前者は入学試験前に申請し、合… →もっと読む

  • 2017/11/15

国立大学協会 「平成32年度以降の国立大学の入学者選抜制度―国立大学協会の基本方針―」を発表

一般社団法人国立大学協会は、平成32年度以降の国立大学の入学者選抜制度について、大学入学共通テストと個別大学入学者選抜それぞれの基本方針を公表した。大学入学共通テストの一般選抜は、従来通り5教科7科目で行われる。国語と数学では新たに… →もっと読む

  • 2017/11/15

大学入試センター 大学入学共通テストの導入に向けた試行調査を開始

大学入試センターは、「大学入学共通テスト」の実施に向けた試行調査(プレテスト)を11月13日(月)より開始した。11月13日(月)〜24日(金)の間に、全国約1,900校の高等学校・中等教育学校で行われる。今回の試行調査の問題の構成や内容は、大… →もっと読む

早稲田大学には、大学独自の給付型奨学金がおよそ100種類ある。その1つ「小野梓記念奨学金」は、2018年度より首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の高校出身者向け予約型奨学金として生まれ変わることになった。また、首都圏以外の高校出身者向けの予約型奨学金「めざせ!都の西北奨学金」は、一般入試・センター利用入試、指定校推薦入試、新思考入試の受験者に加えて、2018年度より自己推薦入試、スポーツ推薦入試、AO入試の受験生も対象とすることが決まった。住んでいる地域に関係なく、幅広い入試形態で奨学金を受けられるという吉報。早稲田大学のウェブページにさっそくアクセスしてみよう!対象者出身高校所在地が首都圏で、一般入試・センター利用入試、指定校推薦入試、新思考入試、自己推薦入試、スポーツ推薦入試およびAO入試を受験する者父母の「最新の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した金額が、給与・年金収入金額(控除前)400万円未満、その他事業所得金額175万円未満以下の者支給期間・金額年額40万円を4年間継続支給。ただし、各学年で家計状況、学業成績による継続審査を行う。早稲田大学 首都圏の高校出身者向け予約型奨学金を新設に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2017/11/08 東進タイムズ〕
  • 2017/11/08

早稲田大学 首都圏の高校出身者向け予約型奨学金を新設

早稲田大学には、大学独自の給付型奨学金がおよそ100種類ある。その1つ「小野梓記念奨学金」は、2018年度より首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の高校出身者向け予約型奨学金として生まれ変わることになった。また、首都圏以外の高校出身者向け… →もっと読む



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。