「高2の6月模試連続受験開始」でセンター本番43.5点差|大学受験情報 Toshin Times on Web 2018年06月01日号 16面

>
>
2018年06月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2018年06月01日号 16面

「高2の6月模試連続受験開始」でセンター本番43.5点差

高2生・高1生にとって、今年の夏は、1年後・2年後に迎える夏の貴重な練習の機会。受験生の夏については、これまで東進タイムズでも、戦略や学習法などを取り上げてきた。夏の時間効率を飛躍的に高めるために欠かせないのは、この6月に「いつまでに何を準備するのか?」を考え、実行することだ。

今やるべきことを夏に後回しにすることのないよう、本号に掲載されるデータや講師陣のアドバイスを読み、学習を進めてほしい。6月を有効活用するため、まずは模試受験のデータをもとに受験勉強における事実を探ってみよう。

高2の6月から連続受験するとワンランク上の志望校を狙える

模試の受験が、志望校合格を勝ち取るために欠かせない要素となっている。編集部実施のアンケートでは、難関大現役合格者の約3人に2人が高2のうちに受験勉強を開始していた(4月号より)。そして多くの先輩たちが、本格的な受験勉強の第一歩として取り組んでいたのが模試の受験である。

そこで今回は、模試の受験開始時期によって、センター試験本番の得点にどのような違いが出るかを紹介しよう。資料1を見てほしい。このグラフは、東進の「センター試験本番レベル模試」を高2の6月から定期的に受け続けた受験生と、高3の8月に初めて受験した受験生の、センター試験本番における得点を比較したものである。

資料1

これによると、高2の6月に模試受験を始めた受験生は3教科合計419.5点であり、高3の8月に初めて受験した受験生よりも、43.5点も高く得点していた。この差を5教科トータルで考えれば、得点差はさらに広がっていたと考えられる。

つまり、高2の6月から模試を連続受験して、計画的に学習を進めることで、センター試験の合否判定で1?2ランクの違いを生み出すことになる。

早期の模試受験開始が受験勉強を後押しする

では、早期に模試を受験することは、どのような利点があるのだろうか。

資料2

難関大現役合格者へのアンケートによると、最も多かったのが、「自分の実力を把握できた」で73.5%であった。続いて「志望校との距離を計ることができた」が63.9%、「学習成果を計ることができた」が45.8%であった。

模試を受験しない理由は、実力に自信がないことや未習分野があることなどさまざまであろう。しかしこの結果を見ると、難関大現役合格者は、今の自分の立ち位置(実力)を知るために、積極的に模試を活用していたことがわかる。

また、「学習成果を計る」以外にも、「モチベーションを保つことができた」という声が挙げられている。結果に関わらず「もっと頑張ろう」と奮起したり、自信をつけたり、モチベーションアップに欠かせないツールとしても活用していたようだ。

高2生はもちろん、難関大を目指す高1生もぜひ今月17日(日)の「全国統一高校生テスト」(無料招待)や、来月29日(日)の「高校レベル模試」にチャレンジして、目標達成のための第一歩を踏み出そう!

最新ニュース

  • 2018/08/14

文部科学省 民間の英語4技能試験の結果の提供について発表

文部科学省は、2020年度から大学入試センター試験に代わって実施される大学入学共通テストにおける、民間の英語4技能試験結果の活用方針を発表した。英語4技能試験は、現行の大学入試センター試験のような統一的な試験としては実施不可能なことも… →もっと読む

早稲田大学政治経済学部は、2021年度の一般入試から実施する学部独自試験のサンプル問題をウェブページに公開した。当学部では、2021年度(2018年度現在の高校1年生以降)より、一般入試を大学入学共通テスト、英語外部検定試験、学部独自試験の合計点により選抜する方式に変更する。このうち今回公開されたのは、学部独自試験のサンプル問題。2021年度以降の一般入試をイメージするために作成されたサンプルで、実際に出題される問題とは異なるということだが、アドミッション・ポリシーに基づいて作成されているので、対策を講じるうえでの羅針盤となるだろう。夏休みの時間を利用して、志望者は早速挑戦してみよう!早稲田大学 政治経済学部が2021年度一般入試のサンプル問題に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/08/08 東進タイムズ〕
  • 2018/08/08

早稲田大学 政治経済学部が2021年度一般入試のサンプル問題を公開

早稲田大学政治経済学部は、2021年度の一般入試から実施する学部独自試験のサンプル問題をウェブページに公開した。当学部では、2021年度(2018年度現在の高校1年生以降)より、一般入試を大学入学共通テスト、英語外部検定試験、学部独自試験の合… →もっと読む

広島大学は、8月21日(火)、22日(水)にオープンキャンパス2018を実施する。広島大学の良さを実際に見て、聞いて、感じることのできる2日間。学部や学生生活の詳細説明はもちろん、女子高生や障害者のための相談コーナー、施設見学など、充実のプログラムが目を引く。自由と平和を掲げるキャンパスで、進路選択のための稔り多い1日を過ごそう。日程8月21日(火)、22日(水)場所広島大学 東広島キャンパス、霞キャンパス、東千田キャンパスプログラム広島大学を知る広大生とふれあう学部の特色を感じる施設を見る、相談する参加方法生物生産学部の一部のプログラム以外、事前申込不要。理学部の一部のプログラムでは当日整理券が必要広島大学 オープンキャンパス2018に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/08/03 東進タイムズ〕
  • 2018/08/03

広島大学 オープンキャンパス2018を開催

広島大学は、8月21日(火)、22日(水)にオープンキャンパス2018を実施する。広島大学の良さを実際に見て、聞いて、感じることのできる2日間。学部や学生生活の詳細説明はもちろん、女子高生や障害者のための相談コーナー、施設見学など、充実の… →もっと読む

東京大学の平成31年度入学者選抜要項がウェブページに発表された。大学入試センター試験の成績により第1段階選抜を行い、合格者に対して第2次学力試験を行う。第2次学力試験の実施は平成31年2月25日(月)・26日(火)。理科三類は27日(水)に面接試験が実施される。第1段階選抜合格者発表は2月13日(水)、合格者発表は3月10日(日)。現在、大学のウェブページには「平成31年度入学者選抜要項」と共に「推薦入試学生募集要項」※も公開されている。しっかり目を通して東大入試の基本方針を掴んでおこう。募集人員(前期日程)文科一類 401人文科二類 353人文科三類 469人理科一類 1,108人理科二類 532人理科三類 97人出願期間平成31年1月28日(月)〜平成31年2月6日(水)推薦入試 出願期間(※「推薦入試学生募集要項」より)インターネット出願登録(必須)平成30年10月16日(火)〜平成30年11月6日(火)出願受付平成30年11月1日(木)〜平成30年11月6日(火)必着東京大学 平成31年度入学者選抜要項に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/07/24 東進タイムズ〕
  • 2018/07/24

東京大学 平成31年度入学者選抜要項を発表

東京大学の平成31年度入学者選抜要項がウェブページに発表された。大学入試センター試験の成績により第1段階選抜を行い、合格者に対して第2次学力試験を行う。第2次学力試験の実施は平成31年2月25日(月)・26日(火)。理科三類は27日(水)に面… →もっと読む