>
>
2019年01月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2019年01月01日号 1面

センター試験本番直前 まだ20点伸びる!

センター試験までついに3週間足らず。今号の東進タイムズでは、入試本番までにやるべきこと、そしてセンター試験本番で実力を最大限に発揮するために最後にやっておきたいことを独自の調査で明らかにしたので紹介しよう。

直前でも、まだまだ伸びる!

現役合格者の最後の一カ月の伸びを前号で見たところ、全体の53.4%が、1日1点以上伸ばしていた。さらに、本番直前「最終12月センター試験本番レベル模試」の得点が低かった科目ほどよく伸びていることが判明した。「苦手科目・分野」は直前でもまだまだ伸びるのだ。

本紙発行日の1月1日からセンター試験本番まであと3週間弱。時間は限られているが、取り組み方次第で、特に苦手科目はあと10点や20点は伸びる可能性が残されている。直前期の集中力を持って本気で取り組めば、1時間で1点アップもけっして夢ではない。

今から学力をさらに伸ばし、本番で最大限に力を発揮するためには、いったい何をすべきなのか検証していこう。

センター試験 最大の壁は「時間」だ!

資料1は、本紙編集部実施のアンケートで、今年度に難関大を現役合格した高校生に「センター試験で得点するために改善すべきことは何か」を調査した結果である。

資料1

最も多かった回答は「ケアレスミスをなくす」が51.0%、続いて「解くスピードを上げる」44.5%、「問題演習量を増やす」31.0%であった。これらの三つの改善点は、昨年も同様に上位を占めた。

些細な計算ミスやマークのずれなどの「ケアレスミス」は、1点で合否を左右する入試ではなんとしても防ぎたい。確認の時間を確保するためにも、「解くスピード」を上げ、「時間配分を工夫」することが大切だ。まさしくセンター試験の最大の壁は、試験時間の活用の仕方にある。直前まで演習を重ね、本番に自信を持って臨もう。

成功のカギを握るのは時間配分と優先順位づけ

では、難関大現役合格者は具体的にどの科目で「試験時間が足りない」と感じていたのだろうか。資料2は、「もっと時間がほしかったのはどの科目か」を質問した結果である。

資料2

調査結果は、数学II・Bが28.2%と最も多く、次に数学I・Aと現代文が16.3%と続いた。2017年は現代文、数学II・B、英語が上位であり、その年の問題によって順位は変わるものの、主要3教科が時間の足りない科目の上位を占める傾向に変わりはない。

試験本番で自分の持てる力を十分に発揮する。そのためには、解ける問題を時間内に確実に解答することが重要だ。直前期となる今からの学習は、時間配分と優先順位づけを意識して取り組もう。

【データについて】

2018年 東進タイムズ編集部実施アンケート

対象大学:東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学、早稲田大学、慶應義塾大学

最新ニュース

  • 2019/06/12

文部科学省 令和3年度大学入学共通テスト実施大綱を公開

文部科学省は、6月4日(火)に通知した令和3年度大学入学共通テスト実施大綱および令和3年度大学入学共通テストの英語成績提供システム運営大綱をウェブページに公開した。令和3年から実施される共通テストについて、大学入試センターが発表した方… →もっと読む

  • 2019/06/07

大学入試センター 令和3年度大学入学共通テストの出題教科・科目の出題方法等及び問題作成方針を公表

大学入試センターは、令和3年度に実施される大学入学共通テストについて、出題教科・科目の出題方法等及び問題作成方針を公表した。国語は100分200点満点で、記述式問題として小問3問で構成される大問1題を出題し、最も長くて80〜120字程度を上限… →もっと読む

  • 2019/06/07

大学入試センター 令和2年度大学入試センター試験実施要項を発表

大学入試センターは、令和2年度センター試験の実施要項と試験出題教科・科目の出題方法等を発表した。試験実施日は令和2年1月18日(土)・19日(日)、追・再試験実施日は令和2年1月25日(土)・26日(日)。大学入試センター試験の実施に関する細… →もっと読む

  • 2019/06/05

文部科学省 大学入学共通テストの実施大綱を通知

文部科学省は4日(火)、大学入学共通テストの実施大綱を大学や教育委員会などに向けて通知した。共通テストは、予見の困難な時代の中で新たな価値を創造する力を育てるため、知識・技能だけでなく思考力・判断力・表現力を重視する入試改革の柱と… →もっと読む