>
>
2019年02月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2019年02月01日号 16面

高1の今受験勉強スタートで入試本番57.5点差!

先輩たちの受験が本格化している。新高3生、新高2生の皆さんは、自分自身の入試本番に向けて、本格的な受験勉強のスタートを切っているだろうか。「受験勉強のスタート時期が合否を大きく左右する」と重ねて紙面で伝えてきたが、いったいどの程度成績に影響するのだろうか。また、いつスタートすれば良いのだろうか。

今回は、受験勉強をスタートした学年別に3つのグループを作り、成績の推移を比較した。さっそく結果を紹介しよう。

スタート時期の差が決定的な差を生む!

受験勉強のスタート時期は、入試本番にどのくらい影響を与えるのだろうか。新高2生は「大学入学共通テスト」の受験学年だが、基礎的な問題がバランスよく出題される「センター試験」のデータは今後の学習の指標になる。ぜひ参考にしてほしい。

資料1

資料1を見ていこう。ここでは5教科7科目(文系は6教科)の平均点を調べた。結果は、高1スタート組と高2スタート組の差は35.8点、高1スタート組と高3スタート組とは57.5点もの得点差であった。

この得点差をセンター試験の合否判定ライン(東進調べ)の東京大学理科一類に当てはめてみると、高1スタート組がA 判定( 合格可能性80%以上)の場合、高3スタート組はD判定(合格可能性35%~49.9%)にも満たない差だ。大学によって多少の違いはあるが、それほどの違いを生み出す差となる( 資料2)。

資料2

「大学入学共通テスト」センター試験とここが違う

新高2生が受験する「大学入学共通テスト」とセンター試験の出題の違いは大きく2つある。まずは数学と国語の一部問題が記述式になるということだ。これまでの全マーク式のテストから「思考力・判断力・表現力」が試される試験になる。

記述式の導入に注目が行きがちだが、英語の出題形式の変化も大きい。昨年11月の試行調査がそのまま反映されるのであれば、発音・アクセント問題や文法問題の出題はなくなり読解問題のみの出題となる。またリーディング100点、リスニング100点の均等配点になることが予想され、ますますバランスのいい学習が求められる。

しかし出題の傾向は変われども、基礎基本の重要性は変わりない。スタートを切るのに早すぎることはない。新高3生は今月24日(日)実施の「第1回 2月センター試験本番レベル模試」、新高2生は10日(日)の「共通テスト対応高1模試」を受験して、今の実力と目標までの距離を確認しよう!

最新ニュース

東京外国語大学では9月28日(土)、教員が高校生向けに専門分野についてやさしく語る体験授業を府中キャンパスにて開催する。東京外国語大学は、年間を通して東京、名古屋、福岡で体験授業を実施している。語学研究の殿堂で現在進行形の学問に触れる機会は贅沢そのもの。1ヵ月前から予約受付が始まるが、好評のため希望者は早めにエントリーしよう。日時9月28日(土)13:00〜16:30会場東京外国語大学 府中キャンパス 研究講義棟101教室プログラム(敬称略)「ことば・詩・絵──ロシアの絵本を読んでみよう!」沼野恭子(言語文化学部)テーマ未定:山内由理子(国際社会学部)テーマ未定:春名展生(国際日本学部)参加方法事前申込制(要予約)東京外国語大学 「体験授業 in 東京 on プレ都民の日」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/08/23 東進タイムズ〕
  • 2019/08/23

東京外国語大学 「体験授業 in 東京 on プレ都民の日」を開催

東京外国語大学では9月28日(土)、教員が高校生向けに専門分野についてやさしく語る体験授業を府中キャンパスにて開催する。東京外国語大学は、年間を通して東京、名古屋、福岡で体験授業を実施している。語学研究の殿堂で現在進行形の学問に触れ… →もっと読む

一橋大学は、2020年度の入学者選抜で実施する大学入学共通テストの英語と国語の配点について、その取扱い方針を公表した。大学入学共通テストの英語の配点は、リーディング100点、リスニング100点の合計200点となることが大学入試センターより発表されているが、一橋大学の第1段階選抜では全学部共通でそれらの素点の合計点を用いる。第2次試験合格者決定の際には、合計点を学部ごとに定める配点にしたがって換算した得点を用いる。国語については、第1段階選抜では全学部共通でマークシート式問題の配点200点を160点に、記述式問題の配点50点を40点にし、それらの合計点を用いる。第2次試験合格者決定の際には、合計点を学部ごとに定める配点にしたがって換算した得点を用いる。志望者は記憶にとどめておこう。一橋大学 大学入学共通テストの英語と国語の配点に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/08/16 東進タイムズ〕
  • 2019/08/16

一橋大学 大学入学共通テストの英語と国語の配点について公表

一橋大学は、2020年度の入学者選抜で実施する大学入学共通テストの英語と国語の配点について、その取扱い方針を公表した。大学入学共通テストの英語の配点は、リーディング100点、リスニング100点の合計200点となることが大学入試センターより発表… →もっと読む

明治大学は、2020年度に明治大学への入学を希望する受験生を対象とした、給付型奨学金「おゝ明治奨学金」を新設し、募集要項を公開した。一般入学試験出願前に申請し、一般入学試験合格後、入学手続時に納入する諸費用から授業料年額2分の1相当額を減免する。家計状況と学業成績の基準を満たせば、4年間継続して給付される。ウェブページにある募集要項・申請資格を確認して、積極的に利用していこう。申請方法 申請書類を全て揃え、宛名ラベルを貼り付けた角形2号(A4)サイズの封筒に入れて簡易書留で郵送申請期間2019年10月15日(火)〜11月15日(金)消印有効採用候補者数1,000名以内選考結果通知2019年12月下旬予定明治大学 入学前予約型給費奨学金「おゝ明治奨学金」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/08/09 東進タイムズ〕
  • 2019/08/09

明治大学 入学前予約型給費奨学金「おゝ明治奨学金」を新設

明治大学は、2020年度に明治大学への入学を希望する受験生を対象とした、給付型奨学金「おゝ明治奨学金」を新設し、募集要項を公開した。一般入学試験出願前に申請し、一般入学試験合格後、入学手続時に納入する諸費用から授業料年額2分の1相当額… →もっと読む

筑波大学は、2021年度の一般選抜で活用する大学入学共通テストの英語の配点について、独自の比率を決め公表した。6月に、大学入学共通テストのリーディングとリスニングの配点をいずれも100点満点とすることが大学入試センターから発表されたが、どの技能にどの程度の比重を置くかについては、各大学の判断に委ねられている。筑波大学では、これまでの大学入試センター試験と同様に、リーディングとリスニングの配点比率を4:1とする。具体的には、大学入試センターから提供されたリーディングの成績(100点満点)を1.6倍した160点満点、リスニングの成績(100点満点)を0.4倍した40点満点とし、合計200点満点に換算する。そこに、資格・検定試験の結果をCEFR対照表に基づくレベルごとに、C2レベル20点、C1レベル10点、B2レベル5点を加点する。ただし、資格・検定試験の受験は出願資格とはしない。配点比率を変えない理由として、これまで維持されてきた配点比率を突然大きく変更することが、現高校2年生の英語学習にとりわけ大きな影響を与えるおそれがあるからだという。英語教育改革の進展を見据えつつも、2021年度に関してはこのような措置を取ることになった筑波大学。各大学の動向にも注目したい。筑波大学 令和3年度(2021年度)一般選抜における大学入学共通テスト「英語」の配点に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/08/02 東進タイムズ〕
  • 2019/08/02

筑波大学 2021年度一般選抜における大学入学共通テスト「英語」の配点について発表

筑波大学は、2021年度の一般選抜で活用する大学入学共通テストの英語の配点について、独自の比率を決め公表した。6月に、大学入学共通テストのリーディングとリスニングの配点をいずれも100点満点とすることが大学入試センターから発表されたが、… →もっと読む