>
>
2019年06月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2019年06月01日号 16面

「高2の6月模試受験開始」でセンター本番約40点差!!

高2生・高1生にとって、今年の夏は、2年後、3年後に迎える「大学入学共通テスト」でどんな問題が出ようと、しっかり対応できる盤石な基礎力を身につける絶好の機会。そして、受験生にとって夏はまさに天王山。夏の時間効率を最高レベルに高めるためにも、この6月に「いつまでに何を準備するのか?」を考え、即実行し始めることだ。

今やるべきことを夏に後回しにすることのないよう、学習を進めてほしい。6月を有効活用するため、まずは模試受験のデータをもとに受験勉強における事実を探ってみよう。「大学入学共通テスト」に変われど、早期の模試受験の重要性に変わりはない。ぜひ参考にしてほしい。

高2の6月から連続受験するとワンランク上の志望校を狙える

模試の受験が、志望校合格を勝ち取るために欠かせない要素となっている。編集部実施のアンケートでは、難関大現役合格者の約3人に2人が高2のうちに受験勉強を開始していた(4月号より)。そして多くの先輩たちが、本格的な受験勉強の第一歩として取り組んでいたのが模試の受験である。

そこで今回は、模試の受験開始時期によって、センター試験本番の得点にどのような違いが出たのかを紹介しよう。資料1を見てほしい。このグラフは、東進の「センター試験本番レベル模試」を高2の6月から定期的に受け続けた受験生と、高3の8月に初めて受験した受験生の、センター試験本番における得点を比較したものである。

資料1

これによると、高2の6月に模試受験を始めた受験生は3教科合計440.6点であり、高3の8月に初めて受験した受験生よりも、39.9点も高く得点していた。この差を5教科トータルで考えれば、得点差はさらに広がっていたと考えられる。

つまり、高2の6月から模試を連続受験して、計画的に学習を進めることで、センター試験の合否判定で1~2ランクの違いを生み出すことになる。

早期の模試受験開始が受験勉強を後押しする

では、早期に模試を受験することは、どのような利点があるのだろうか。

資料2

難関大現役合格者へのアンケートによると、最も多かったのが、「自分の実力を把握できた」で82.0%であった。続いて「志望校との距離を計ることができた」が64.3%、「自分の偏差値がわかった」が44.6%であった。

模試を受験しない理由は、実力に自信がないことや未修分野があることなどさまざまであろう。しかしこの結果を見ると、難関大現役合格者は、今の自分の立ち位置(実力)を知るために、積極的に模試を活用していたことがわかる。

また、「学習成果を計る」以外にも、「モチベーションを保つことができた」という声が挙げられている。結果に関わらず「もっと頑張ろう」と奮起したり、自信をつけたり、モチベーションアップに欠かせないツールとしても活用していたようだ。

高2生はもちろん、難関大を目指す高1生も大学入学共通テストに対応した今月9日(日)の「全国統一高校生テスト」に(無料招待)チャレンジして、目標達成のための第一歩を踏み出そう!

【データについて】

[資料1]

対象は2018年度高3の東進生。全国平均は大学入試センター発表の英語、国語、数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・Bの平均点の単純合計。

[資料2]

「2019年合格発表直後アンケート」より

最新ニュース

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるしい今日、あなたがどう生きるかが問われている。パネルディスカッションを通じて、研究の世界を覗いてみよう。進路選択の手助けになるかも知れない。シンポジウムは参加費無料の事前予約制で定員500名。当日は、東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎准教授や、東京工業大学の上田紀行教授など文系・理系両分野の教授が登壇する。東西の研究者の知の終結があなたの価値観をときほぐす!この時代・社会に生きるための「知性」とは何か考えてみよう。 開催日 5月24日(日)14:00~ 参加費 無料 開催方法 ストリーミング配信・事前予約制 申込締切 5月20日(水)23:59詳細は、立命館大学のウェブページから。〔2020/05/14 東進タイムズ〕
  • 2020/05/14

立命館大学 創立120周年記念シンポジウム ライブストリーミング開催決定

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるし… →もっと読む

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力が重視されるほか、日本版では教育の充実度や成果、国際性などが重視されている。東北大では国際性が重視され、東工大では国際性のほか、教育の充実度などが評価され、昨年から大きく順位を上げた。詳細は、「THE世界大学ランキング日本版2020」のウェブページから。〔2020/03/26 東進タイムズ〕
  • 2020/03/26

世界大学ランキング 日本版 東北大学1位、東京大学3位

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力… →もっと読む

東京大学は、「令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について」を公表し、2021年度入試から推薦入試の要件を変更することを発表した。これまで1校が推薦できる人数は「男女各1人、合計2人まで」だったが、2021年度入試からは、「合計4人までとし男女各3人以内」となる。同大学では平成28年度入試より推薦入試を実施しており、推薦要項変更の理由を、「高等学校等における受験希望者数に配慮しつつ、受験生の多様性を高め、学部教育の更なる多様化・活性化をはかるため」と説明している。詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/03/19 東進タイムズ〕
  • 2020/03/19

東京大学 推薦入試の要件を「1校から4人まで」に変更

東京大学は、「令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について」を公表し、2021年度入試から推薦入試の要件を変更することを発表した。これまで1校が推薦できる人数は「男女各1人、合計2人まで」だったが、2021年度入試か… →もっと読む

明治大学では、2019年度の公認会計士試験の大学別合格者数が87名で、2017年度より3年連続の3位となった。注目すべき点は、現役合格率が全国平均40.6%に対して大学全体で50.5%、さらに同大学の経理研究所在籍者の現役合格比率が89.4%を記録したことである。明治大学経理研究所では、公認会計士の資格取得を目指す学生に向けて手厚く細やかなサポートを用意している。こうした学生の資格取得のための大学の取り組みも、志望校選びの基準の一つとなりそうである。詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/03/06 東進タイムズ〕
  • 2020/03/06

明治大学 公認会計士試験大学別合格者数3年連続3位

明治大学では、2019年度の公認会計士試験の大学別合格者数が87名で、2017年度より3年連続の3位となった。注目すべき点は、現役合格率が全国平均40.6%に対して大学全体で50.5%、さらに同大学の経理研究所在籍者の現役合格比率が89.4%を記録した… →もっと読む