>
>
2019年08月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2019年08月01日号 1面

ワクワクする未来、努力する人が成功する時代!

夏は受験の天王山。高3生はもちろん、高2生・高1生にとっても勝負を左右する重要な時期です。特に、高2生・高1生は将来を考える最もまとまった時間が取れる大切な機会です。そして、この夏をどう過ごしたかは、今後の人生に、大きな意味を持つのです。

今号をきっかけに、皆さんがこれから生きていく時代と、そこでの勉強や努力の意味を、今一度考えてもらえると嬉しいです。そのうえで、この夏休みを実り多きものとして過ごしてほしいと思います。今回は高校生に向けて、東進の永瀬昭幸理事長からのメッセージをお届けします。

違いを生む"夏休みの過ごし方"平等な時間での"勉強の質"が問われる

夏は"受験の天王山"です。そもそも天王山は大阪と京都の府境にあり、1582年の山崎の戦いで、この地を舞台に豊臣秀吉軍が明智光秀軍を撃破したことから、勝負の分かれ目に例えられます。この時の豊臣軍は、10日で200キロ以上を移動しての決戦に勝利するほど敏速であり、時間の使い方が優れていました。

受験生にとって、時間を上手に使うことで、勉強の質を高めることがとても重要です。志望校合格という目標から逆算して、今何をすべきかを明確にし、集中して効率的かつ大量に勉強を進めるのです。

「現役生は最後まで伸びる」。その学力の源は、この夏に蓄えた力です。集中力と胆力で時間を上手に使い、勉強の質を高めていけば、秋以降、学力もぐんぐん伸びていくでしょう。

高2生・高1生にとっても夏は、「量」×「質」の学習が確保できる最も大切な時期。学習範囲を超えて、先に進んではいけないという決まりはありません。高1生の夏に、数学Ⅲまで終わらせたっていい、自分の限界がどこにあるのか、天井を設けずチャレンジしてみる。勉強の冒険に旅立つのも、夏休みの醍醐味なのです。

第四次産業革命というインパクト君たちはどう生きるか

第四次産業革命の時代はすべてがインターネットにつながるIoTの発達により、あらゆるものがビッグデータとなり、分析・活用され、それをAIに与えることで、複雑な判断が必要な労働やサービスが、ロボットなどによって提供される社会です。生産性が飛躍的に向上し、今までにない素晴らしい価値が創造される時代の入り口に、私たちは立っています。反面、単純労働に従事する多くの人が仕事を奪われ、ひと握りの人に富が集中します。努力する人が成功するのは昔から変わらないことですが、成功のスケールは桁違いに大きく、それにあわせて努力の質も問われてくるのです。

一年半後に迫った「大学入学共通テスト」では、英語4技能に加え、記述式の問題が導入され、受験者の思考力や表現力、判断力が問われるようになります。今後は暗記による知識量に加えて、課題解決能力が重要になっていく証左でしょう。"自ら求め、自ら考え、自ら計画・実行する"姿勢が、さらに必須となります。

第四次産業革命では、今まで想像もできなかった大きな成果が、いくつも上がることでしょう。そんな仕事を成し遂げるのは、まさしく君たちです。ぜひ、ワクワクした未来を想像してみてください。大きな分かれ道はすぐそこまで来ています。だからこそ今、勉強する意味を考えてほしいと思います。

受験を通じて得られる努力する力は将来大きな武器になる

高校までの勉強と、大学での学びは大きく違います。正解がある問いと向き合う高校までと、自分で問いを立て答えを見いだしていく大学。さらに社会に出れば、正解のない問題と向き合うことは当たり前です。そんなとき必要となるのは、質の高い努力です。

35年前、私は広告にこんな言葉を掲げました。「本物だけが伸びる」。入試を人生における素晴らしいチャレンジと考え、勉強への取り組み方はもちろん、広く人生をどう生きてゆくかを共に考える。しっかりとした目的意識を生徒が持てば、自然と勉強に対する姿勢も変わっていく。それが私たちの原点であり、今も変わらぬ思いです。目的意識を高く持つことで、質の高い努力が自然体でできるようになる。それが"本物"なのです。

努力なしで成功できる時代などありはしません。それなりに努力すれば、それなりに成功する時代も過去のものです。世界を変えるほどの成功を収める、努力の量・質によって、数十倍の差が生まれるという時代がすぐそこまで来ています。

第一次産業革命の時代のアメリカ合衆国大統領は第16代のエイブラハム・リンカーンでした。彼はこんな言葉も残しています。「待っているだけの人たちにも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人たちの残り物だけである」

質の高い努力を、継続して行えること。それは受験勉強を通して得られる大いなる能力であり、未来を価値あるものにする強い武器だということを、どうか忘れないでください。君たちのこの夏の健闘を祈ります。

永瀬 昭幸

東進ハイスクール 東進衛星予備校 理事長

永瀬 昭幸

1948 年鹿児島県生まれ。74 年東京大学経済学部卒業後、野村證券入社。76 年、野村證券を退社後、株式会社ナガセを設立。東進ハイスクール、東進衛星予備校などを全国展開。2006 年四谷大塚、08 年イトマンスイミングスクール、14 年早稲田塾社長就任。現在各社社長を兼任。

最新ニュース

  • 2019/10/11

令和2年度大学入試センター試験の出願状況(受付最終日)

大学入試センターは、令和2年度大学入試センター試験出願最終受付日の10月10日(木)、出願状況を発表した。出願総数は530,917人で、前年度より6,091人減少した(17時現在)。確認はがきの送付がすでに始まっている。届いたら登録内容を確認し、訂… →もっと読む

  • 2019/10/09

大学入試センター 「志願者問合せ専用電話」を開設

大学入試センターは、令和3年度から始まる「大学入試英語成績提供システム」についての質問に応える「志願者問合せ専用電話」を開設した。受付時間は平日の9:30〜17:00。大学入試センターウェブページの「大学入試英語成績提供システムFAQ」や文… →もっと読む

  • 2019/10/07

文部科学省 「大学入試英語成績提供システム」利用予定大学を掲載

文部科学省は、9月30日時点で大学入試英語成績提供システムを利用すると回答した全国の国公私立大学・短期大学の一覧をウェブページに掲載した。利用予定大学は561校(四年制大学は483校で、そのうち国立77校、公立71校、私立335校。短期大学は78… →もっと読む

2021年に日本で開催される第53回国際化学オリンピックを見据え、京都大学では、10月19日(土)に中学生・高校生を対象とした化学の講演会を実施する。プログラムでは、最先端の化学研究の成果や元素周期表をテーマとした講演やトークセッションが予定されている。化学研究の拠点として名高い京都大学で化学への興味・関心を深め、君も化学オリンピックを目指そう!開催日時10月19日(土)14:00〜17:00開催場所京都大学 北部総合教育研究棟1階 益川ホール参加方法ウェブサイトから要事前申込(定員170名)プログラム基調講演:「一家に1枚周期表」から学ぶ科学技術の進歩講演:材料化学の新潮流―塗布できる高性能ペロブスカイト太陽電池―トークセッション:国際化学オリンピックに挑戦しよう!京都大学 講演会「京都で感じる化学の風〜明日の化学を担う皆さんへ〜」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/10/07 東進タイムズ〕
  • 2019/10/07

京都大学 講演会「京都で感じる化学の風〜明日の化学を担う皆さんへ〜」を開催

2021年に日本で開催される第53回国際化学オリンピックを見据え、京都大学では、10月19日(土)に中学生・高校生を対象とした化学の講演会を実施する。プログラムでは、最先端の化学研究の成果や元素周期表をテーマとした講演やトークセッションが… →もっと読む

大学入試ニュース

大学ニュース

就職動向ニュース

教育ニュース

研究機関ニュース

高校ニュース

センター試験ニュース

大学への資料請求はこちら!