TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>

難関大合格者(東京大学理科I類)とお母様にお聞きました!親子で歩んだ合格体験記

受験生を何とか応援してあげたいと思いながらも、どのように声をかけ、励ませばよいか頭を悩ませているお父様・お母様も少なくないのではないでしょうか。そこで、昨年の難関大合格者とそのお母様にご登場いただき、受験生活について語っていただきました。

お母様に聞きました!

Q1大学選びについて何かアドバイスはされましたか?

A1学びたいことで大学を選んだ方が良いと思っていましたので、本人が自分の行きたいところに行けるように、大学で何を学びたいのかを聞いていました。本人が「天文を学びたい」と言うので、ふたりでそれぞれ天文学を学べる大学について調べました。設備面から国立大が良さそうなことがわかりましたので、「自分が学びたいならば、がんばらないとね」と言いました。

Q2体調管理で気を付けていたことは?

A2冬なので、とにかく風邪をひかないよう対策をしました。家族全員でマスクをして、ウイルスを家に持ち込まないようにして、ウイルス対策の薬剤も家のいたるところに置いて、湿度も常にチェックしました。食事は栄養のバランスを考え、家族一緒の食事では普段通りを心がけていました。力を発揮できるよう、見守ってあげることだと思います。

Q3入試当日、どのような言葉をかけてあげましたか?

A3直前の模試(最終1月 東大本番レベル模試)で思うような結果が出ていなかったので、焦りや不安が見え隠れしていたように思います。ですので、「ダメでも死んじゃうわけじゃないから、気楽にやっておいで」と言ってあげました。

Q4受験勉強を通して、お子さんが一番成長されたところは?

A4夢に向かって粘り強くがんばるところだと思います。努力はすごくしていたと思いますが、やりたいことに向けた地道な努力は親から見てもすごいなと思いました。

東進OB(東京大学理科I類在籍)に聞きました!

Q1お母様はどのような存在ですか?

A1何も干渉せず、好きなようにやらせてくれたので本当に感謝しています。「勉強しなさい」と言われた記憶もないですし、怒られた記憶もほとんどありません。おかげで受験期に家でストレスを感じたことは全くないんです。いろんな親子の形があると思いますが、うちは顔を合せたら話すくらい仲は良いですね。食事を食べながら学校のことを話したりもしていました。

Q2ご両親とは将来についてどのようなお話をしたのですか?

A2小学生の頃から天文学者になりたいと思っていたので、両親は天文台に連れて行ってくれたり、望遠鏡を買ってくれたりしました。高校生になって、本格的に天文の道を考え始めた時は、母も一緒になって大学を調べてくれましたね。父も母も「自分の人生なんだから、好きなようにしなさい」と言ってくれていたので、夢を話した時も何の反対もなく応援してくれました。

Q3これから入試本番を迎える受験生にメッセージを

A3受験勉強はコツコツ続けることが一番大切です。「継続は力なり」という言葉がありますが、本当にその通りだと思います。直前期は確かに不安になることも多いです。しかし、やれることをやれば後は結果を待つだけです。僕の場合は同じ志望大を目指すライバルがいて、その友人と励まし合いながら精神面を保っていたので、不安定な時は友人に助けを借りるのも一つだと思います。やれることをすべてやりきって、当日は気負わずに受験に臨んでください。応援しています。

東進OB・OG 難関大合格者のお父様・お母様によるワンポイントアドバイス

  • アドバイス1
  • アドバイス2
  • アドバイス3
  • アドバイス4
  • アドバイス5
  • アドバイス6

最新ニュース

今年も学園祭の季節が始まろうとしている。口火を切るのは大阪大学のいちょう祭で、4月30日(月・祝)、5月1日(火)に豊中キャンパス・吹田キャンパスの両方で開催される。学生が運営する120以上の企画に吉本お笑いライブ、各学部の研究室や研究所が企画するイベントを加えると、その数なんと約200! どのイベントに参加するか、事前にウェブページでプログラムをチェックして、憧れのキャンパスとお祭り気分を満喫しよう! 日程 4月30日(月)・5月1日(火)会場大阪府立大学 豊中キャンパス・吹田キャンパス大阪大学 いちょう祭に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/04/20 東進タイムズ〕
  • 2018/04/20

大阪大学 いちょう祭を開催

今年も学園祭の季節が始まろうとしている。口火を切るのは大阪大学のいちょう祭で、4月30日(月・祝)、5月1日(火)に豊中キャンパス・吹田キャンパスの両方で開催される。学生が運営する120以上の企画に吉本お笑いライブ、各学部の研究室や研究… →もっと読む

  • 2018/04/16

国立環境研究所 春の環境講座「地球のことでアタマをいっぱいにする1日」を開催

国内最大のサイエンスシティ筑波研究学園都市にそそり立つ国立環境研究所で、4月21日(土)に春の環境講座「地球のことでアタマをいっぱいにする1日」が開かれる。高校生以上が対象。地球温暖化や化学物質汚染、自然環境保護や廃棄物問題などにつ… →もっと読む

この春、明治大学文学部に「哲学専攻」が新設された。その誕生を記念して様々な大学から研究者を招き、4月14日(土)にシンポジウムを開催する。哲学とは、普段あたり前と思っている見方から距離をとって考えることで、新しい世界を創造する学問。急激な社会の変化のなかで、人間の生や自由が根本から問いなおされている今こそ、哲学のポテンシャルが求められている。君にとっても「コペルニクス的転回」があるかもしれない。日時 4月14日(土)13:00〜16:40場所明治大学駿河台キャンパス リバティホール参加方法無料、事前申込不要プログラム13:00 開会の辞13:10〜14:50 第1部「発言する哲学〜大学・路上・カフェ〜」14:50〜15:00 休憩15:00〜16:40 第2部「越境する哲学〜共生・断絶・歴史〜」16:40 閉会の辞明治大学 「哲学専攻」発足記念シンポジウムに関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/04/11 東進タイムズ〕
  • 2018/04/11

明治大学 「哲学専攻」発足記念シンポジウムを開催

この春、明治大学文学部に「哲学専攻」が新設された。その誕生を記念して様々な大学から研究者を招き、4月14日(土)にシンポジウムを開催する。哲学とは、普段あたり前と思っている見方から距離をとって考えることで、新しい世界を創造する学問。… →もっと読む

キャンパス・ビオトープを自称する大阪府立大学が、4月6日(土)に府大花まつりを実施する。府大の学生・教職員による興味深い企画が盛りだくさんのイベントだ。有名な府大池のネイチャービューツアーや、高校生・受験生のための個別相談会、学域・学類による体験講座など、プログラムは枚挙に遑がない。中百舌鳥の自然を満喫しながら、将来についても考える1日にしよう。実施日 4月7日(土)11:00〜17:00会場大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス、府大池周辺参加費・参加方法無料、事前申込不要注意事項少雨決行だが、荒天による中止の際は当日9時頃に大学のウェブページに掲載。プログラムネイチャービューツアー高校生・受験生向けコーナー(ラーニングコモンズ)魚庭(なにわ)の海の再生プロジェクト紹介(現代システム科学域環境システム学類)獣医さんのお仕事を知ろう(生命環境科学域獣医学類)作業療法学への招待(地域保健学域総合リハビリテーション学類)栄養について学んでみよう(地域保健学域総合リハビリテーション学類)大阪府立大学 府大花(さくら)まつりに関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/04/06 東進タイムズ〕
  • 2018/04/06

大阪府立大学 府大花(さくら)まつりを開催

キャンパス・ビオトープを自称する大阪府立大学が、4月6日(土)に府大花まつりを実施する。府大の学生・教職員による興味深い企画が盛りだくさんのイベントだ。有名な府大池のネイチャービューツアーや、高校生・受験生のための個別相談会、学域… →もっと読む

大学入試ニュース

大学ニュース

就職動向ニュース

教育ニュース

研究機関ニュース

高校ニュース

センター試験ニュース