2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 創造理工学部

大川彩音さん

東進衛星予備校徳島阿南校

出身校: 富岡東高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 美術 副部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

科目の本質を理解した上で取り組む大切さ

東進では、自分が行きたい時間に行き、自分のペースで学習することができるところが良い点だと思います。逆に、怠けたらその分自分に返ってくるので、先生からのアドバイスも頂き、きちんと計画を立てて学習する習慣もできました。

また、全学年が同じ教室で学習したり、全学年の成績表が掲示されたりすることで良い刺激になっていました。

私は、センター試験の直後に、第一志望大学を早稲田大学にしました。また、慶應義塾大学が第二志望だったので、センター試験後にこれら二校に焦点を当てた勉強を始めました。それまで勉強してきた問題とは、その内容や傾向がかなり違いましたが、それまでの勉強の中で無駄なものは何もありませんでした。

それは、まずはその科目の本質を理解した上で取り組んだからだと感じます。これは当たり前のことですが、とても大切なことです。どんな問題でもその核となるものは、ほとんど本質的なものです。どれほど考えてもわからない問題があれば、いったん基本から勉強し直してみてください。その問題の核が見えてくると思います。本質を捉えていれば、それだけで解ける問題もあるし、ある程度までは応用できます。問題の核を意識して取り組んでみてください。あとは、様々な問題に触れることで力はついていくと思います。

私のように、直前になって志望校を変更する人もいるかもしれませんが、きちんと勉強をしていると大丈夫です。志望校に合格できるよう頑張ってください。私は、これから自分の夢に向かって、また新たな勉強に励みたいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座を始める前、年間の計画を立てる際に、アドバイスをくれたり、模試の結果を見ながら現状について話してくださいました。時には厳しく指導していただきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも登校したときに優しく迎えてくれたり、印刷などをしてくださり、私たちが快適に学習ができるよう、サポートしてくださいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

一年間で実施される回数が多く、試験に慣れてきます。センター本番もほとんど緊張することなく受けられました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで学習することができ、他学年と同じ教室で学習することで良い刺激を受けるから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

私は3つの部活に入っていましたが、どの部活も活動回数は少なく、勉強には何も差しさわりがありませんでした。学校行事の直前は準備などに全力を尽くし、勉強時間は少なくなりましたが、それが終わると普段通りの生活に戻せば特に影響はなかったので、学校行事は全力で取り組んで楽しい思い出になりました。勉強第一と思い込まずに、したいことも全力で取り組むことで勉強もはかどるような気がします。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

3年の夏休みに、林修先生の夏季集中講座に出席しました。なんとなく現文を読んでいましたが、短期間で論理的思考を身につけることができ、得点も伸びました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強してもなかなか伸びないことはありましたが、それは当たり前だと思い、そのうち伸びるだろうと思いながら、とにかく勉強しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

勉強していて嫌になった時は、どうして自分は勉強しているのかを考えたり、前向きな歌を聴いたりしました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大変でしたが、したことは全て自分の力になるものでした。受験勉強している最中は我慢などもあり、いやになることもありましたが、今となっては勉強して良かったと心から思えます。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

建築科で勉強して、素敵な建造物を造りたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 確認テスト 】
確認テストに合格できないと次に進めないので、一回ごとの講義の内容がきちんと習得できているかチェックできます。

過去問演習講座
丁寧な添削により、自分の解答の良くなかった点を把握でき、次の解答に活かすことができます。

東進模試
模試の結果を見ると、自分の苦手な部分がわかり、復習に役立ちます。また、自分が現在どのくらいの位置にいるか把握できます。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 有機化学 】
理解を深めるために、高校の内容を超えたところまで踏み込んで教えてくれるので、とても分かりやすいです。

【 ハイレベル物理 力学 】
物理の本質的な部分から教えてくれます。今までの自分の考え方との差が大きく、初めは難しく感じるかもしれませんが、先生の考え方を習得できると、とても役立ちます。

【 微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編- 】
一回の講義で扱う問題の内容は難しいし、量も多いのでとても大変ですが、力が徐々についてきます。

友達にシェアする

 

微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編-

―基本編―を基に、大学入試に対抗し得る真の微積分+αの実力を養成

長岡恭史 先生

近年理系入試において微積分が占めるウエートおよびその難しさが増しているが、正統的な努力による学習効果が最も効率よく現れる分野であることには変わりない。本講座では、微積もぐんぐん-基本編-を既習、若しくは教科書レベルは何とかなるという諸君を対象に、大学入試に対抗し得る理系微積分+αの真の実力の養成を図る。なお、教材は本問に必ずREV(自習用問題)を付け、真剣に大学入試に取り組む諸君にとって有益なものであると確信している。素直な心と困難に怯むことのない精神力を持って臨んでもらいたい。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:志を高く、これから上を目指すという気迫を持つ諸君

東進の授業を体験する