2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京大学 文科二類

栗田和彦くん

東進ハイスクール本郷三丁目校

出身校: 早稲田高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高2・8月

この体験記の関連キーワード

東進は「質」と「量」の両面から受験勉強をサポートしてくれた

勉強には「質」と「量」の二つの要素がありますが、東進はその両面から受験勉強をサポートしてくれました。

まずは「質」について、授業はもちろん、高速マスター基礎力養成講座や過去問演習講座など東進のコンテンツはどれも完成度が高く、私は自分の目的に合わせて効率的に勉強できました。中でも答案練習講座はとても役に立ちました。国公立大学をはじめとする難関大学では記述式問題が出題されると思いますが、答案練習講座はそれぞれ五回の授業と答案提出を通じて合格答案の作り方を学ぶことができます。他講座の添削も十分丁寧なのですが、この講座では自分の弱点や学習アドバイスなどを教えていただけるのでとても参考になると思います。

「質」という観点からは、もう一つ東進に入ってよかったと思えることがあります。それは担任指導です。学習面のアドバイスだけでなく、グループ・ミーティングを盛り上げてくれたり、気さくに話しかけてくれたりと精神的にも受験生活を支えてくださいます。また、数年前に受験を終えたばかりの担任助手のお話は大変参考になります。私は目指している大学に通っている担任助手がいらっしゃったので、様々な場面で助けていただきました。そして、直前期にはひとりで根を詰めることも多いかと思いますが、そんな時にもちょうど良い話し相手となってくださり、気を楽にしてくれます。

「量」の面では単元ジャンル別演習をいう今年度開講した講座に大変お世話になりました。この講座では模試や過去問演習の結果から自分の苦手な分野を分析してもらい、その分野の問題を大量に解くことができます。また、記述式の問題に解説付きの添削をしてもらえるのも大きいです。もちろん自分で採点するのも勉強になるのですが、やはり客観的な採点をしてもらう方が分かりやすい解答作成に近づけると思います。加えて、数多くの問題を解くとなると自己採点が負担になることもありますが、この講座ならその心配は不要です。英作文など自己採点が難しい問題も単元ジャンル別演習のおかげで演習を重ねることができました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

指導や面談の思い出─大学時代に落語をなさっていたそうで、いつも楽しい雰囲気をつくって下さいました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

指導や面談の思い出─目指していた東京大学の学生さんで、受験生だったときの経験などを沢山話していただきとても頼りになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試は2ヵ月おき年4回実施されるので夏前からモチベーションを保つのに役立ちました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

大学受験勉強をスタートするにあたり自分のペースで自分に適した勉強ができそうだったため。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人々の生活を根本から支えているインフラストラクチャーの維持や改善などに携わっていきたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
単元ジャンル別演習苦手な分野の問題を集中的に演習できます。特に東大志望の方は東大模試の過去問を6年分解くことができるので十分な演習量を確保できます。

担任指導
指導のおかげで入試から逆算して長期的な予定を立てることができました。また、1,2年前に受験を経験された担任助手の方もいらっしゃるので色々な相談にのってもらえました。

過去問演習講座
過去10年分の添削はもちろん、大問別に解説授業が受けられるところが良いと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関古文 】
栗原先生の授業はさることながら、巻末の付録が豊富で単語集などは直前まで見返して知識の確認をすることができました。

【 東大英語-読解問題の見方・考え方・解き方- 】
東大英語の基本から具体的な解き方まで知ることができ、そこで学んだことを意識しながら以降の過去問演習に取り組むことができました。

友達にシェアする

 

難関古文

いつも心に映像を! ─ 基礎から確認し、難関大合格の力をつける!

栗原隆 先生

古文の基礎から確認し、最終的には難関大学の入試古文で合格点をとることを目指します。難度の高い古文の問題は、問題文自体の難度もさることながら、設問の意図を正確に把握し解答するという難しさもあります。記述問題では、どう表現したかによって、点数が大きく変わります。わずかな試験時間内で、これらの難しさに立ち向かい、どんな問題であっても合格点がとれる力を、段階を踏んで身につけていきます。なお、授業は単に読解技術だけでなく、古文の背景知識にも触れます。「いつも心に映像を!」…古文の世界の深奥に触れながら、確実に古文に強くなれる授業です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:東大・京大など難関国立大、早稲田・上智・関関同立などの難関大学に合格したい受験生

東進の授業を体験する