2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京大学 理科二類

藤原嵩士くん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 広島大学附属福山高等学校

東進入学時期: 中2・1月

所属クラブ: 陸上部

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

新しい課題を掲げ、常に更新し続けることが受験にはとても大事

僕は中二の冬から東進に入りました。中二の冬から受験終了までとても長い間東進にはお世話になり、本当に感謝しています。

僕は比較的早く受験勉強を始めたにもかかわらず、なかなか成績が伸びなくて高3の東大模試での成績は上はAから下はEまですべての判定をコンプリートして、結局合格率は50%程度でした。それでもあきらめず、無事に東京大学に合格でき、悔いのない受験をすることができました。

これから難関国公立大学の受験をする後輩たちに伝えたいことは、自己分析を頻繁に行い、それをもとに新しい課題を掲げ、それに向かって自分に何ができるのか、何をしなければならないのかを常に更新し続けることが受験にはとても大事なことだということです。

自分の場合では1日のうちで自分ができるようになること、例えば、数学の定石や英単語、言葉の定義などを5個覚えて応用できるようにしようなどと決めていて、それを1日1日ずつ達成していくことで受験を迎えるころには普段通りの力が出せれば合格できる!と思えるようになりました。

後輩の皆さんも常に自分の位置を確認して、これからのことに思慮をめぐらすことで東大だろうが京大だろうが最難関私大だろうが合格できる揺るぎない力を手に入れてください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

理科と英語はなかなか良問

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の好きな時に通って好きな教科を自分で能動的に勉強できるシステムに魅力を感じたから

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

自己分析

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

A判定の模試を見たり、E判定の模試を見たり。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパス

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生の一部にしか過ぎない。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策数学[Ⅰ・A/Ⅱ・B]-中級から上級そして超上級へ- 】
最低でも8か月はこれをじっくりやる期間を作ると確実に難関国公立の数学でアドバンテージをとれるから。

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
添削があるのはありがたい。

【 西きょうじのダイナミック英文法講義<文法演習総集編> 】
これは英文法を学ぶ人にとっては必須の講座。

友達にシェアする