2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
京都大学 経済学部

青山凌くん

東進衛星予備校浜松北高前校

出身校: 浜松北高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: テニス

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

がむしゃらに勉強し続けたことが合格につながった

僕がこの受験を通して学んだ、これから大学受験をする後輩のみなさんへ伝えたいことは2つあります。

1つ目は、志望校を決めることについてです。僕は高校2年生の段階では東京大学を目指してましたがなかなか模試で良い判定が出なくて京都大学にするか迷っていました。最終的に高校3年生の6月に京都大学に決めました。今思うと、そのときはっきりと決めたことが合格につながったのだと思います。皆さんも受験勉強を始める前になんとなくでいいので志望校を考えて欲しいです。

なぜなら、大学ごとに問題の傾向が全然違うからです。僕は私立大学を含めて4校受験したのですが、その時感じたのが問題の違いです。必要な科目数はもちろんのこと、ひとつの科目の中でもなんの分野がよく出題されるのかや全く出題されないのかなどの違いがありました。出来るだけ早い段階で志望校を決めて過去問題を見ることでゴールが明確となって勉強すべき科目や分野がわかると思いますし、合格までの最短経路をたどることができると思います。

2つ目は、勉強時間についてです。僕はテニス部に所属していて高校3年生の5月まで部活に明け暮れていたため、3年生になってからが勝負でした。同じ京都大学を志すライバルと比べると少し遅れている自覚があったので部活を引退した瞬間からひたすら勉強しました。勉強は効率が大切だと言われますが僕は勉強時間が大切だと感じました。

なぜなら東進の質の高い授業を受けていれば効率は良いと思うし、同じ京都大学を目指すライバルの中で効率悪い勉強をしている人などいないと思うからです。そう考えると結局勉強の総量勝負になると思います。僕は平日は9時間、土日は15時間を目標に毎日勉強し続けました。がむしゃらに勉強し続けたことが合格につながったと思うし、部活で培った精神的強さが生かされたとも思います。僕のように一日中勉強していられないという人は、できるだけ早くから受験勉強を始めると良いです。ライバルに早い段階から差を付けておけば後で必ず楽ができます。

最後に東進の活用法について。僕は林先生の現代文と志田先生の京大数学、秋からは京都大学の過去問講座を受講していました。東進の授業はどれも良質だと思うので苦手な分野を補強するのも良いし得意な分野を伸ばすのも良いと思います。僕は同じ授業を時間をあけて再度受講して復習し、各授業の予習も毎回していました。映像による授業は良質ですが、いつでも見られるために束縛力がありませんので誰かに強制されなくても勉強ができる人にはとてもおすすめです。

これから受験するみなさんは辛い生活を送ることになるとは思いますが、合格した時の姿を想像して日々努力を続ければきっと夢は叶うと思います。その過程の中で僕の合格体験記が少しでも役に立てば幸いです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

京大本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

林修先生の現代文の授業を受けてみたかったから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

根性と集中力

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学に合格している自分の姿を想像して乗り越えた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

レベルがあっていたから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生最大の苦難

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座


東進模試


【 高速マスター基礎力構成講座 】


Q
おすすめ講座
A.

【 京大現代文 】
現代文の考え方がわかる

【 京大対策文系数学 】
参考書ではわからない発展的な考え方が学べる

友達にシェアする