2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 教育学部

森下洋介くん

東進ハイスクール北習志野校

出身校: 薬園台高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

音読は結果が出るまでなかなか時間がかかるが、必ず結果は出る

僕が受験生活を過ごしてみて、受験において重要だと感じたことは4つあります。

まずは「英語」です。受験で一番重要な教科は何だと聞かれれば、間違いなく英語と答えます。なぜなら、ほとんどの大学、学部で他教科より英語の配点が高くなっているからです。英語で周りに差をつけられてしまうと他の教科で追い上げることは困難です。英語を制した者が受験を制すると言っても過言ではありません。僕は英語にかける時間の比重を重くしていました。具体的に何をしていたのかというと、音読です。長文を読んだら音読、これをひたすら繰り返していました。音読は結果が出るまでなかなか時間がかかる勉強法ですが、必ず結果は出ます。

2つ目は「復習」です。僕は復習の方法にはこだわりました。過去問を解き終わると、英語ではわからない単語や熟語を全て抜き出してノートにまとめて覚えたり、各パラグラフごとに日本語で要約したりすることで、逐一変わる文意を理解できるようにしていました。国語では解答の根拠の部分にマーカーを引いて、一目で解答の根拠が分かるようにしていました。

3つ目は「受験を楽しむ」ということです。ほとんどの人は受験に対して辛い、大変といったイメージを持っていると思います。しかし自分が努力して培った力を大舞台で数字として示せる機会はそう多くないと思います。勉強はやればやるほど伸びるので、伸びしろを楽しんで、楽しい受験生活を送ることができました。

最後は「仲間」です。これは何よりも重要に感じました。励まし合ったりももちろんですが、お互いの勉強法を共有したり、一緒に丸つけをして点数を見せ合ったりしたことがとても刺激になりました。綺麗ごとではなく、一緒に頑張ることができた仲間がいなければ今の自分はいません。是非、受験生の皆さんには最高の仲間を持ち、最高の受験生活を過ごし、最高の結果を掴みとって欲しいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ高校の先輩なので、僕の事を理解してくださり、親身になってアドバイスをしてくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方が僕が志望していた大学に通っており、憧れの存在でした。この時期はどのような勉強をするべきか、過去問の活用の仕方などを教えてもらいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

難関大のレベルを感じるいい機会になります。結果に一喜一憂するのではなく、復習を忘れないのが肝です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

僕は二年生の夏まで部活に打ち込んでおり、単語帳でしか勉強しておらず、学力は高校内では真ん中くらいでした。そして二年生の夏、友人の紹介で東進の存在を知りました。最初は無料の体験授業から始めました。その時に東進で同学年の人たちが自分の想像もつかないくらい勉強しているのを見て、刺激を受け、東進に入学する事に決めました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

僕のグループは同じ高校で同じ部活、同じ志望校というメンバーで構成されていました。そのため、互いに刺激し合い、負けないように頑張る事ができました。また、勉強法を共有することで自分では思いつかないような効率的なやり方を知る事ができました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

時間に追われることでかえって効率のいい勉強をしたり、集中力を保つ事ができました。また、部活動では忍耐力、集中力、ここぞの勝負強さを培うことができました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

千題テストに向けて勉強することでセンター対策にもなりましたし、良問揃いなので復習することでさらに基礎を身に付けることができました。また、普段一緒に勉強している友達と競い合うことで刺激を受けることが出来ました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

僕は英語と国語のスランプが交互に訪れるので、いかに受験本番にスランプに陥らないかということに注意していました。それでもスランプに陥ったときはその教科にかける時間の比重を増やし、初心に立ち返ることで乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達や担任助手の方々と志望校に入学した後のことについて話したり、志望校について調べたりしてモチベーションを高めました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

最初のきっかけは担任助手の方に勧められたことでした。それから自分で調べたり、オープンキャンパスに行ったりして魅力的だと思い、決めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

絆です。仲間に刺激をもらうことで頑張る事ができました。仲間がいなければ絶対に受からなかったと断言できます。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

社会や世界に貢献するには、まず自分が社会の一員である事を意識し、他人を助ける事ができる余裕を持つことが重要だと思います。また、自分の言葉で意思を伝える事も必要だと思います。そのための言葉や思考をこれからの大学生活で養いたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
やはり講師陣の方々の授業だと思います。その時々の自分のレベルに適した授業を選択できるので、着実に学力を向上させることができました。また、面白い授業がたくさんあるので、退屈することなく90分があっという間に感じます。

担任指導
同じ受験生や担任助手の方々が周りにいる、ということです。他の受験生の勉強している姿はとても刺激になります。また、担任助手の方々の経験、アドバイスは受験を戦い抜く上で自分の武器になりました。

高速学習
授業のテキストです。ただ使うだけでも素晴らしいテキストなのですが、何度も読み込み、書き込むことで自分だけのテキストを作り上げることができます。テキストには最初から最後までお世話になりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
英文を構造的に理解することができます。短文理解から始まり、段々長文読解ができるようになります。また、繰り返し音読することで、速読力、精読力を養うことができます。

【 スタンダード日本史B PART1 】
単なる丸暗記ではなく、歴史の全体像を流れと一緒に理解する事ができます。さらに、テキストは覚えるべき要点が分かりやすくまとめられているので効率よく勉強する事ができます。また、書き込む事で自分だけのテキストを作り上げる事ができます。

【 早大古文 実力錬成編  】
古文読解だけでなく、単語や敬語法も同時に覚えることができます。また、古文常識や和歌などくまなく学ぶことができます。

友達にシェアする