2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 社会科学部

山村雄一くん

東進衛星予備校横浜藤が丘校

出身校: 川和高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バスケ部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進は最高の学習スペース、自分のペースで学習を進められる

私が東進に入ってよかったことは2つあります。1つ目は勉強の環境が整っていることです。東進の受講スペースでは一人一人机がしきられていて集中して受講することができたと思います。また、自習室では周りで勉強してる人に感化されモチベーションを維持することや、本番に似た感覚で過去問に取り組むことができたので、試験当日も落ち着いた気持ちで臨めました。家で勉強することが苦手だった私にとって東進は最高の学習スペースだったと思います。

2つ目は自分のペースで学習を進められることです。私は東進に入った時期が2年の12月と比較的遅く、どの教科も基礎すらも理解できていなかったのですが、担任の先生に提案されたプランでとにかく早めに受講したことで、基礎から応用までたくさんの知識を得ることができ、直前期には過去問に多くの時間をかけることができました。早めの受講が志望校合格につながったと思います。

後輩にはとにかく英語を最優先で完成させてほしいです。大学受験では英語の配点が高いことが多く、英語が得意だと有利に戦えると思います。ですが、英語は得点が伸びるのに時間がかかるので、早い段階から取り組むことが重要だと思います。

私は直前期には暗記科目の日本史に時間をかけたかったのですが、英語にとても不安があったので英語に多くの時間をかけました。その結果日本史を少しずつ忘れていってしまい、最高の状態で受験することができませんでした。後輩には私と同じようなミスをしないためにも、とにかく英語を早い段階で取り組んでほしいと思います。高速マスター基礎力養成講座は非常に役立ちました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

相談に乗ってくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の位置を知る

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

集団の授業が合わなかったから家から近かったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

担任助手の先生が面白かった

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進に行くとたくさんの人が勉強していること

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
早い進度でライバルと差をつける

高速マスター基礎力養成講座
スキマ時間の有効活用

担任指導
相談に乗ってくれた

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の大逆転!(激)頻出英語!総チェック 】
最後に重要なポイントを整理してくれた

友達にシェアする