2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東北大学 農学部

齋藤櫻さん

東進衛星予備校日立校

出身校: 太田第一高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 野球部 マネージャー

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

過去問演習講座は解説があるので、演習の”やりっぱなし”を防げた

私は、高校入学と同時に東進に入学しました。数学と英語をとり、週2、3回校舎に通っていましたが、2年生になってからは、部活中心の生活になっていき、校舎まで通う事が少なくなっていきました。しかし東進は、好きなタイミングと場所で受講できるため、家で受講することでしっかりと学習範囲をおさえていくことができました。

3年生の夏に野球部を引退し、夏休みから本格的な受験勉強を始めました。毎日校舎に通うのは大変でしたが、担任、担任助手の方との面談を繰り返したり、他の東進生の努力する姿を見てやる気を継続させました。また、模試の結果表を見て、毎回点数が低い単元を重点的に学習しました。過去問演習講座 センター対策では解説までしてくれるので、演習の”やりっぱなし”を防ぐことができました。これを有効活用することが得点率大幅アップのカギだと思います。

このようにしてセンター演習を重ねていき、センター試験に臨んだことで、私はそれまでの模試でもとれなかった最高の点数をとることができました。その点数を使って東北大学のAO試験1次試験に合格し、2次試験の面接と小論文も学校の先生のサポートを受けて合格することができました。

私は、大学進学後、経口ワクチン米の研究開発をするという志をもっています。経口ワクチン米とは、ワクチンの効果を持つ米のことです。これは通常のワクチンに比べて貯蔵もきくし、子供やお年寄りでも摂取しやすいため、多くの人々を病気から救うことにつながります。この志を達成できるよう、大学進学後も頑張っていきたいです。みなさんも、志の実現のために、効率よく、楽しんで、受験を乗り切ってください。応援しています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の将来の夢を親身になって聞いてくれて、その都度解決策を提示してくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

ラフになんでも話せて、試験に向けた緊張がほぐれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

単元別に過去の模試と比較できるようになっているから、それで弱点を知り、その対策をするのがいいと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

父親の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

体験を通して、授業がわかりやすいと感じたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活を通して、コミュニケーション能力を身に付けた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

担任助手の方との会話。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

志達成のために合っていたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

楽しいものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

経口ワクチン米の研究開発をすることで、感染症の流行を抑えたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS
校舎以外の場所でも受講できるから。

東進模試
弱点がわかりやすいから。

過去問演習講座
演習のやりっぱなしを防げるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
演習のやりっぱなしを防げるから。

友達にシェアする