2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 社会科学部

中園侑奈さん

東進衛星予備校京成佐倉校

出身校: 佐倉高等学校

東進入学時期: 高1・1月

所属クラブ: サッカー部 マネージャー

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

自分の将来像をイメージしながらしっかりと勉強に集中できる

私は高校1年生の冬に東進に入学しました。当時はただ漠然と第一志望の早稲田大学に行きたいとしか考えていませんでした。そのせいか高校2年生の夏頃には勉強に身が入らなくなり、進路を迷ってしまいました。そんな時、親身になって私の将来のことを一緒に考えてくださったのが担任を始め東進のスタッフの皆さんでした。

そして、そのおかげもあって3年生になった頃には、自分の将来像をイメージしながらしっかりと勉強に集中できるようになっていました。しかし、そのモチベーションは持続し続けることが難しく、東進模試の結果や他人と比較をした時の劣等感に押しつぶされそうになることもありました。

そんな時、私を様子を見ていた東進のスタッフの方からあるイベントの参加を勧められました。それは「東進 Global English Camp」でした。夏休みにこのイベントに参加したことにより。さらに将来の目標が増え、その目標を達成するために絶対に志望大学に合格しようと決めました。私が志望していた学部は自己推薦形式があり、高校での実績が生かされて自己推薦の一次試験を通過することができました。二次試験の小論文や面接の対策も、高校の進路指導の先生や東進のスタッフの皆さんにもしていただきました。一般受験の勉強と並行してやっていたので大変でしたが、精神的には苦痛ではありませんでした。

なぜなら、大学合格の先の自分をずっとイメージして、ワクワクしながら勉強をしていたからです。つまり、勉強の不安を感じるよりも先に「自分の将来やりたいことを考えること」を楽しんでいました。でも、そんな私を引き出してくれたのは、東進で共に頑張る仲間、学校の先生や東進のスタッフの方々そして家族の存在でした。私を第一志望の大学に導いて下さったこととても感謝しています。

後輩の皆さんにはぜひ自分のなりたい将来像をイメージしながら東進で受験勉強を頑張って欲しいです。先を考えすぎるのも良くないとは思いますが、自分の周囲の人達に感謝しながら具体的なイメージトレーニングを継続することで自分がこれから進む道がどんどん見えてきて、目的地をいつの間にか通過することが出来るのではないかと思います。私も次のカベに向かって前進し続けます。一緒に頑張りましょう。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

気持ちが不安定になって辛かった時も、親身になって相談に乗ってくれ、時には明るく接してもらえたので気分を切り替えることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

時間配分を意識したりと、本番を意識した練習ができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

招待講習を受講して東進の授業に感動したから。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】


【 難度別システム英語 構文編Ⅳ 】


【 スタンダード日本史B PART1 】


友達にシェアする

 

難度別システム英語 構文編Ⅳ

英文を正確に読み解くための土台を完成させよう!

慎一之 先生

長文を読むためには、構文知識が欠かせません。この講座では、長文を読むために必要な文法力、すなわち構文力を身につけ、読解問題が解けるよう指導していきます。各講の演習問題には発展的な学習を取り入れ、構文力と共に語彙力なども高めていきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:入試レベルの文法事項を一通り学習し終えている生徒

東進の授業を体験する