2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1243人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
神戸大学 経済学部

山田智暉くん

東進衛星予備校徳島阿南校

出身校: 富岡東高等学校

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: 男子バスケ 副主将

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

周りの生徒の意識が高く、非常にいい刺激をもらうことができた

僕は高校一年の八月から東進に入学し、部活も三年間続けながら勉強に取り組んできました。

僕は日々の生活リズムを崩すことなく勉強に集中して取り組むことができるのは部活のおかげだと考えていたので、部活と勉強の掛け持ちを苦に思ったことはあまりありませんでした。僕が重視していたのはメリハリです。受験生だからと言って自分を縛りすぎるのではなく、遊ぶ時はしっかり遊んでいいと思います。要は切り替えが大事だということです。

勉強に集中して取り組むにあたって東進の校舎は自分にとって最高の環境でした。学べるコンテンツが豊富なことはもちろんですが、周りの生徒も勉強に対する意識が高く、登校して勉強しているだけでも非常にいい刺激をもらうことができました。

東進模試においても一年生の時からセンター試験本番レベル模試を受けることによって、点は思うように取れないながらもその都度目標をしっかりと定めることができ、マーク形式の問題にも慣れることができました。正直二か月ごとに繰り返される模試を面倒に思うこともありましたが、コツコツと受験してきたことは後々役に立ちました。

最後に後輩の皆さんへのアドバイスとして僕が言えることは、受験において一番大事なのは結果であって過程ではないということです。学校の模試でどれほど良い、もしくは悪い点を取ろうがそれは過程でしかありません。受験生の本番は一月のセンター試験や二月の二次試験であり、それらはすべて一発勝負です。その試験での結果がすべてなので、模試の都度に一喜一憂することなく長期的に考えて自分のピークをそこに持ってこれるような勉強をひたすら積んでいってほしいです。受験期は悩みや不安も多いと思いますが、そういう時は気軽に担任の先生に相談してアドバイスをもらいましょう。拙い文ではありますが少しでも参考になれば幸いです!応援しています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
古文単語などの暗記モノは覚えて忘れてをどれくらい繰り返せるかが重要になってくると思うので、何回も繰り返すことで実力をつけることができました。

担任指導
精神的に不安定になりやすい受験期において常に相談できる方がいてくださるのは非常に助かりました。

東進模試
定期的に実力チェックができる模試は勉強に対する意識の維持・向上につながりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】


【 阪大・神大英語 】


【 阪大・神大対策現代文 】


友達にシェアする

 

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

吉野敬介 先生

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒

東進の授業を体験する

阪大・神大英語

阪大・神大入試の確かな分析に基づいた勉強法を伝授!

慎一之 先生

1学期では文法をベースに英文の構造把握を中心とする学習、夏期講習では英作文対策、2学期では1学期で学んだことをベースにした長文読解問題を中心とする演習、冬期講習ではそれまでに学習した知識を有機的に繋げた総合演習を行います。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:阪大・神大を第一志望とする生徒

東進の授業を体験する

阪大・神大対策現代文

集え! 大阪・神戸発将来のリーダー候補生!

宗慶二 先生

この講座は、将来の「リーダー候補生」として有為の人財である皆さんに、リーダーに必要不可欠な論理性やプレゼンテーション能力(表現力・発信力)などを、養成してもらうことを視野に入れたものです。阪大・神大が求める人財ってどういう人なのでしょう。それが現代文の入試問題に色濃く反映されていることは知っていますか。このような広い視野を持って、誠実に勉強するかどうかにより、大学入学後に大きな差が出てくるはずです。さあ、精緻なまでに傾向分析されたこのテキストを使って、一緒に現代文の奥深さを体感しましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:大阪大学、神戸大学、大阪市立大学を第一志望とする人で、二次試験合格に向けて現代文を伸ばしたい人

東進の授業を体験する