2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 基幹理工学部

鏑木瑛司くん

東進衛星予備校幕張駅前校

出身校: 千葉高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 山岳部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

高速マスター基礎力養成講座を活用した基礎の徹底

僕は高校2年の1月に東進に入塾したので、東進が講座終了の目標としている7月下旬までに授業を終えるには週3~4日のペースで受講する必要がありました。また、入塾後の模試では、同じ志望校のライバルとの学力の差がかなり開いていることがわかり、焦りを感じました。実は、僕は今まで模試を受けたことがなければ塾にも行ったことがなかったので、自分の実力が想像以上にないことを初めて実感しました。

入塾後はほぼ毎日受講や高速マスター基礎力養成講座に取り組み、放課後の時間は部活か勉強に費やし、余計なことには時間を使わないと決めました。毎日地道に受講をしたり高速マスター基礎力養成講座を進めていたら、少しずつその成果を感じられ、特にセンター模試の英語が入塾後2ヶ月で40点アップしました。勉強すればその分伸びることを実感でき、勉強へのやる気につながりました。

ただ、その後は成績を上げることに苦しみました。センター英語は結局40点アップしてから半年ほど全く点数が伸びず、数学も思うように伸びず、物理、化学は夏休み手前になっても全然わかりませんでした。難関大模試も第一志望校はE判定で、やはり受験勉強に出遅れてしまったから間に合わないのではないかとかなり不安になりました。

その後夏休みに入り、一日12時間くらいは勉強するようにしました。英語は文法の問題集や高速マスター基礎力養成講座で引き続き対策を続け、数学、物理、化学は担任に相談して問題集をを選び、全部2周しました。また、物理や化学は東進の教材が非常にまとまっていてわかりやすかったので知識のインプットに活用しました。主要科目の演習にかなりの時間を割いたためにそれ以外の科目は全然対策ができなかったので、夏休み終盤でのセンター模試は合計点こそあまりよくはなかったものの、主要受験科目は点数が伸び、学習の成果を実感できました。難関大模試などでもそれなりにいい判定が出るようになりました。

その後指定校推薦という形で合格が決まったので大学合格のための受験勉強は一区切りつきましたが、その後も受験科目は勉強を続けました。夏休みにかなり演習を積んだので受験科目は高校での定期テストなどでかなりいい成績をとり続けることができました。

僕の約一年間の受験勉強を振り返ってみると、大切なことは目先の結果に一喜一憂せず学習を継続することだと思いました。当たり前のようでペースを長期に渡り維持するのは難しいです。特に物理、化学はさまざまな知識や学習によって得られた経験を複合的に使って問題をとかねばならないので一通り学び終えるまで結果は出ません。数学、英語も、やり続けることで、どこかのタイミングで突然伸びるのを感じました。高速マスター基礎力養成講座は効率よく学習できるので活用しました。

また、基礎の徹底は本当に重要です。成績が伸びた一番の要因は標準的なレベルの問題をひたすら演習、復習したことだと思います。今の成績や成績の伸びにとらわれず、今やるべき課題を地道にこなしていけば結果はついてきます。これから受験を向かえる皆さん、がんばってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センター模試は基礎の定着度合が顕著に現れると思うので、模試でできなかった部分は重点的に対策した。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りの友達と比較するとかなり遅れて塾探しを始めたので、映像による授業を使って自分のペースでどんどん学習できる東進が最適だと思ったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活は比較的活動が少ないところを選んで、勉強時間が極端に短くならないようにした。文化祭などの行事では勉強では学べないさまざまな経験が得られるので積極的に取り組むべき。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

全然成績が伸びない時期があったが、似たようなことを言う先輩やネットでの書き込みが多かったのでそれを信じて成績の伸びはあまり気にしないようにして乗り切った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

周りと比べてかなり遅れていたことへの焦りが最大の原動力だった。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

情報系に進みたかったので学部は高校生になるころには決めていて、大学は3年になる前に自分のレベルを元に絞り込んだ。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

忍耐を学べる。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

IT業界で、社会にとって有益なサービスや商品を開発・提供する。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
やる気さえあれば毎日でも受講できる。自分のペースでどんどん学習を進めていけるので短期習得につながった。

東進模試
模試で自分の位置を確認し、その結果を元に対策を練るのが最重要。この繰り返しで着実に成果は出ると思う。

高速マスター基礎力養成講座
英語の学習に活用した。短時間で英語の知識を学べるのがよい。

Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
渡辺先生の話がとても面白く授業に飽きない。長文読解のポイントを取得できる。

【 受験数学Ⅲ(応用) 】
暗記に頼らない数Ⅲに学習法が非常に役立った。

友達にシェアする

 

受験数学Ⅲ(応用)

数学Ⅲも深く理解しよう!!

志田晶 先生

この講座では、数学Ⅲの典型問題の演習を通じて、考える力の養成をします。数学Ⅲ自体は計算力に左右される分野です。しかしながら、物事の根本原理をおろそかにすることは許されません。この講座では、物事の根本原理を追求し、数学Ⅲの深い理解をはかります。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で中堅国公立、私立大学を目指す生徒

東進の授業を体験する