2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
青山学院大学 文学部

小池成未さん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 横浜女学院高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: 軽音 ギター

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

周りの人に支えられた受験生活

私は大学受験を期にしっかりと勉強する習慣をつけ、大学に入ってからも周りの人についていけるようになりたいと考え、一般受験をすること、そして東進に入ることを決めました。

東進に入ってすぐは受験勉強をどのように進めればよいのか分からずに手探りで進めていきましたが、担任の先生からアドバイスをいただいたり、受講とテキストの予習と復習を中心に勉強することで知らない間に勉強の習慣がつきました。

高校三年生になってからはAOを受験することも決め、AOが終わるまでは両立が大変でしたが、担任の先生や担任助手の先生が私の受験の仕方に合わせて計画を一緒に立ててくださったのでとても助かりました。またAO受験が近づくにつれ、勉強以外の面で精神的に辛くなることがあり、しばらく東進にも通うことが出来なくなりました。

そんな中でも担任助手の先生は私を絶えず気にかけ、毎週のように私に電話をかけてくれました。とても辛い時期もありましたが、この電話はとても私の支えになりました。どれだけ周りの人に支えられているかを改めて感じました。担任助手の先生方には本当に感謝しています。

私は将来、英語の先生になり、新しい英語教育を築きあげていく一人になりたいと考えています。この目標は一般受験とAOを両方経験したからこそ私の中で具体化されたのだと思います。この目標を達成するためにも受験を通して得た勉強の習慣や周りの人への感謝の気持ちを大事にしていきたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

どのようにして勉強を進めればよいのか分からない中、受験勉強の計画を一緒に立ててくださったのでとても助かりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

たくさんの励ましの言葉やアドバイスをいただき、とても心の支えになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

いつもよりレベルが高い模試を受けることで刺激されました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

7

Q
東進を選んだ理由
A.

受講を進めるペースを自分で決められるため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じような学校を目指している子達にたくさん刺激をもらうことが出来ました。みんなと仲良く出来てよかったです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

志望大学を決めるにあったって悩んだり家のことでつらいこともありましたが、家族や学校の先生方、そして東進の担任助手の方にたくさん支えられ、乗り越えることが出来ました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

好きな英語に触れる。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

AO受験をするにあたってどのようなことをしたいかが明らかになりました。その目標を達成するために行くべき大学を選びました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

新しいことを学ぶきっかけ

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

英語の先生になり、対話の手段としての英語を生徒に教えることで、あらゆる人と共存できる人を育てることに貢献したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


担任指導


実力講師陣


Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編) 】
予習をして授業に望むとテンポの良い授業がちょうど良かったです。

【 板野博行のハイパー現代文 】
テクニックをたくさん教えてくれるので良かったです。

友達にシェアする

 

吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編)

的中パワーアップ古文(標準編)のスタートだ。今までにない新編集のテキストで古文を君のものに!

吉野敬介 先生

PART1からPART4で、早稲田・上智・立教・明治・青学・中央・法政・同志社・立命館・関西学院・関西そして当然、国公立の問題もたくさん扱う。「何をどう書けばいいのか」ー記述対策も徹底指導。単語・文法・文学史は当たり前。プラス敬語・常識・和歌修辞と、いたれりつくせりのグルメフルコース。さらに各大学の代表的な設問のパターンを徹底分析したスペシャルテキストを用意したので、来年の的中は当然、設問のパターンまでまったく同じ。そして取り扱う文章は、講座名と同じように的中する超頻出文章だけを使用する。

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:レベルは問わない。ただ古文を一番得意科目にして極められたらいいなあと思っている生徒ではなく、古文を極めて武器にしてやるんだという生徒が対象。

東進の授業を体験する

板野博行のハイパー現代文

さらにパワーアップ! 現代文をおいしく食べよう!

板野博行 先生

入試現代文のエッセンスをつめこんだ授業を展開!ゴロゴのパターンの威力を実感してほしい。平均的な偏差値上昇カーブは、4月→偏差値40、7月→偏差値50、10月→偏差値60、入試直前→偏差値70。す、す、すごい。偏差値上昇記録は昨年も更新者が出た。28→80の52アップだ!(もちろん早稲田大政治経済学部合格!)ほかにも38→84という報告もあり! 今年もこの記録に挑戦するチャレンジャーを待っているぞ。とにかく現代文なら、どの私立大学でも狙える位置にまで諸君を引き上げる。効き目を試したい諸君と授業で会えることを楽しみにしている。百聞は一見にしかず! 取らなきゃ効き目はないぞ!

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:私立大学中堅校~上位校を目指す生徒

東進の授業を体験する