2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1243人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
慶應義塾大学 環境情報学部

伊丹裕一くん

東進ハイスクール青葉台校

出身校: 多摩高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: ハンドボール部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

担任助手のアドバイスを活用

体育祭の幹部をしていた僕は、受験の天王山とも呼ばれる高校3年生の夏休みに十分な勉強時間を取ることができませんでした。ちょうどその頃から慶應義塾大学合格を目指し始めたのですが、当初はセンター試験の過去問や模試の点数も芳しくなく、実際に慶應に合格できるとは思っていませんでした。そんな状況から合格という結果にたどり着けたのにはいくつかの要因があると思います。

慶應を目指すにあたり社会受験を選んだ僕は英語、世界史、小論文を中心に勉強しました。そのなかでも英語に特に力を入れたのですが、文法に不安があった僕は、担任助手の方のアドバイスを基に一つの文法書を徹底的にやりこんで極めることにしました。その結果、受験期には、文法は自信を持って試験に臨むことができ、最終的にSFC合格という結果を得ることができました。

英語と同じくらい力を入れたのが小論文で、答案練習講座、過去問演習講座を活用するとともに、特にSFCの小論文はSFCに通っている先生に頻繁に見てもらいました。SFCの小論文の対策を進めるなかで、論理的思考力、日々のニュースにも関心を持つようになり、本番は自信を持って受験に臨むことができるようになりました。せっかくSFCに進学するのでいろいろな考えを持った人たちと共に学び、良い大学生活を送りたいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

体育祭で夏休みにあまり勉強時間が取れなかったという点で同じような状況だった担任の先生からの激励はとても勇気を持てるものでした。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

「重要なのは、お金よりも幸せかどうか」という言葉を小論文の指導中に言われたのが印象に残っています。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業を受けて、わかりやすかったから。担任助手の皆さんが優しかったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習で東進の雰囲気や授業の質を見て入学を決められたのは良かったです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験までずっとスランプでした。自分がやってきた勉強を信じて乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受かりたいという気持ち。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

担任が二人とも慶應生だったこと。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を成長させてくれたもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

中心となって物事を進める人物になる!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
英作文なども採点してもらえるのは、東進だけの特典だと思います。

担任指導
いろいろなアドバイスをもらえて最後までモチベーション高く受験勉強に励むことができました。

高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
講座のレベルが高く、受けているときは大変だけど、慶應レベルの読解力を身につけるには役に立ちました。

【 過去問演習講座 慶應義塾大学経済学部 】
英作文の採点をしてくれるのは良かったです。

【 ハイレベル小論文トレーニング(基本編) 】
小論文に使えるネタ、題材を得ることができました。

友達にシェアする

 

ハイレベル小論文トレーニング(基本編)

ゼロから難関大へ、スタートの一歩

樋口裕一 先生

どんな初心者でも難関大で高い評価を得ることができる小論文を書けるようになる、その第一歩となる授業です。まず小論文とは何か?を知る、基本的な書き方と学習方法を知る、そして平易なテーマで書いてみることからスタートします。10回の授業と2回の添削を通して、標準的なレベルの小論文がしっかり書けるようになり、本格的な難関大対策に向けての基礎が固まります。

90分×10回+講座修了判定テスト0回

対象:難関大入試で小論文を必要とする生徒 初学者もOK

東進の授業を体験する