2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
法政大学 キャリアデザイン学部

千田育実さん

東進ハイスクール柏校

出身校: 専修大学松戸高等学校

東進入学時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

私の力を信じてくださる担任や担任助手の方々に助けられた

東進にはいったきっかけは高校2年生の夏休みに両親にすすめられて受けた招待講習がきっかけで、9月頃に入学しました。しかし入学したばかりの頃は大学受験に対する危機感もなく決められた講座を溜めないように受講をしようという気持ちしかありませんでした。

危機感を初めて覚えたのは高校2年生の1月に受けたセンター試験同日体験受験です。もともと英語に苦手意識があり、入学時よりは点数が伸びたものの考えていたよりも点数がよくなくてこのままの勉強では志望している大学にはいれないと感じました。そのような危機感は感じていたものの、その時は部活のほうも少し忙しくやろうやろうと思いつつも結局東進に毎日来て閉館時間まで勉強し始めたのは高校3年生の春休みでした。

そこから高校3年生の6月頃に引退するまでハンドボール部のマネージャーとして部活と受験勉強を両立できるように努力しました。引退してからは毎日学校が終わり次第東進に来て、休日や夏休みなどの長期休暇も朝から登校するのを心がけました。勉強はしていたものの、得意科目であった日本史は伸びたけれど英語の成績はなかなか伸びませんでした。受験が近づくにつれて不安も増えてメンタル面のほうも辛かった時期もあったけれど自分自身以上に私の力を信じてくださる担任の先生や担任助手の方々に助けられることが多かったです。

受験が終わって自分で納得できる進路には進むことができました。けれどもあのときに英語から逃げていなければよかったなど受験を終えたからこそ後悔を感じることがあります。その後悔を繰り返さないためにも大学では苦手なものでも逃げずに努力をして将来に生かせるような生活をしていきたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

両親に勧められて招待講習を受講したため。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


【 部活生カリキュラム 】


スモールステップカリキュラム


友達にシェアする