2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
明治大学 情報コミュニケーション学部

大川智子さん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 神奈川大学附属高等学校

東進入学時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

グループ・ミーティングで同級生からの刺激がモチベーションに

東進では過去問演習やアウトプットを中心とした学習方針をとっていたことが良かったです。日本史などの暗記科目は普通にやっていたらインプットが中心になってしまいますが、東進では過去問でアウトプットをしながら勉強が進められたので効率が良かったと思います。過去問を30年分解くなど、ほかの受験生がやっていないであろ量の過去問を解くことで自信もついたし傾向もバッチリつかめたことが合格につながったと思います。

また、東進では朝勉強を勧めているところがよかったです。最初のほうは辛かったのですが、慣れてくると朝勉強することが習慣になってくるし、長期休みの間でも毎日一定のリズムで生活できたので一日の計画も立てやすくなり、効率が良くなりました。学校があるときは開校から、休みの日は勉強してから一日を始めることをお勧めします。

東進では担任助手制度や、担任助手の方を中心としたグループ・ミーティングなど他人との関わりを大事にしています。私の担任助手の方は現役時代ものすごく努力をしていて、その人の話を聞けたことがモチベーションになりました。「この人を見習って私も一日17時間勉強する!」と気合が入りました。グループ・ミーティングでは自分と同じように目標に向かって頑張っている同級生から刺激をもらえました。

後輩の皆さんには、傾向が変わることを想定した過去問演習を進めてもらいたいです。私は傾向が変わることをまったく想定していなかったことを後悔しているので皆さんには後悔しないように勉強を進めていってもらいたいと思います。

私は模試ではずっとE判定でしたが気にせずずっと明治を目標にし続けました。E判定でもまったく問題ないと思います。センターの点数で出した判定に意味はないです。過去問をたくさんやることが必ず合格に結びつくと思います。皆さん頑張ってください!

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手からどれだけ勉強をしたかとかどうやって進めたかを聞けたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本番さながらの緊張感があった

Q
東進を選んだ理由
A.

好きなときに授業が進められるから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校行事があるときはそっち優先したほうが終わった後にすぐ切り替えられます

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

冬の場合はすごく厳しかったので精神力がつきました夏は楽しく英語を話す時間が多かったので 普段座学で勉強している英語が実際に話してみることでより楽しく感じられました

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

センター出陣式。いろんな担任助手に応援してもらえて励み人になった

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

英語長文が読めなくなったとき。普段単語で把握してなんとなく読んでいたところ

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座


過去問演習講座
一目でやった回数が分かるし、回数を経るごとに点数が上がってるのを見れて自身になった。

担任指導
いろんなアドバイスを聞けたし受験期には愚痴も聞いてもらったりして精神的な支えになりました

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
すごかった

【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
後回しになってしまう戦後史もこの授業のテキストがあれば全部まとっまているのでお勧めです

【 英文読解-速読テストゼミ(私大型)- 】
英語のスランプに陥ったときにこの授業を受けたらすぐ長文が読めるようになった

友達にシェアする