2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京理科大学 経営学部

中野悠斗くん

東進ハイスクール静岡校

出身校: 常葉大学附属菊川高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 音楽部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

目標に向けて最大限の努力をした

僕は高校1年の頃まで典型的な「学習の習慣のない生徒」でした。日頃の勉強はせず、定期試験の直前だけ勉強し、それでいて校内順位もそこそこだったのでそこで満足しきっている状態でした。しかし、だんだんと全国模試を受けるようになり、その散々たる結果を目の当たりにし、駆け込むように東進に通い始めました。

東進に入って感じた一番の魅力は担任指導の存在です。担任の先生はとても親身になって指導をしてくださいました。とにかく勉強しろと言うのではなく、綿密なスケジュールを立てるといったサポートはとても大きなモチベーションになりました。また、そのスケジュールをこなしていくことによって、完璧にとは言えませんが学習の習慣も身に付けることができたのかなと思います。

僕は志望校を決めるのが遅く、第一志望は前から決めていたもののそれ以降は3年になってからやっと考え始めました。また、公募推薦を受けようと決めたのも3年の夏でした。そのため夏休みは一般試験に向けた勉強に加え、オープンキャンパスに行ったり志望理由書の作成などをやらなければならずとても忙しい思いをしました。指定校推薦でない限り、推薦入試を受けようとしている多くの人が、同時に一般入試も受けようと考えていると思います。両方の準備を並行してこなすのはとても大変ですが頑張って乗り越えてください。

無事、推薦で合格することができましたが一般試験に向けた勉強が無駄になったとは少しも思いません。学力面はもちろんのこと、目標に向けて最大限の努力をしたということは自分にとって大きな糧になったと思います。最後に、東進の担任・担任助手の先生はもちろん周りの方々、ここまでサポートしていただき本当にありがとうございました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

入学してまず学習スケジュールを立て、その後も成績の推移に合わせたスケジュールの組み直しが役に立った。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

話が好きな先生で、それが良い気分転換になった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

問題に慣れるといった意味でもたくさん受けておくべきだと思う。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業ということで東進に行けない日も自宅で学習できるから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

まずは経営学部で学んだことを存分に活かせる役職に就く。その後、都心部だけでなく地方の物の流通も活性化できるような事業に関わっていきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
自分の成績を分析し、1対1で面談できる。

高速学習
必ず覚えられるようなシステムになっている。

東進模試
受けたあとの成績の分析が丁寧。

Q
おすすめ講座
A.

【 今から始める受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B~テーマ別数学への準備~ 】
とにかくわかりやすかった。途中、「そう、そこが分からないから躓いていたんだ」といったところがたくさんあった。

友達にシェアする