2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 政治経済学部

鈴木開翔くん

東進ハイスクール武蔵小金井校

出身校: 多摩科学技術高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 無線工作部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

センター試験本番レベル模試が勉強法を再考する機会を与えてくれた

僕が東進に入ったのは高1の3月でした。通っていた高校が理系に特化した学校であったこともあって、当時の僕は理系を志しており、数学や化学に力を入れて勉強していました。

そんな僕が文系の法学や政治学へと志望を変えたのは高2の夏、大学のオープンキャンパスに参加した際のことでした。理系よりも文系の方が好きであり、自分の本当に勉強したいことは文系の分野であると気づけて本当に良かったと思っています。皆さんも是非オープンキャンパスには参加しましょう。

こうして文転した僕でしたが、当初は早稲田大学に合格できるとは思ってもいませんでした。しかし、最終的には早稲田に、しかも政治経済学部に合格することが出来たのは、東進のシステムを有効に使えたからだと思っています。

東進のシステムで特に良かったものは、二ヶ月ごとに受けるセンター試験本番レベル模試だと考えています。定期的に受けるこの模試では自分の学力を数字で測ることができ、自分の勉強法で成果が出たかどうか、また成果が出なかった場合には勉強法を再考する機会を与えてくれる良いツールであったと思っています。

また、受験において大切なことは以下の2つだと考えています。

1つ目は、睡眠です。「睡眠不足の状態では自分が気づかないうちに自分自身のパフォーマンスが低下している」という研究結果も示している通り、睡眠は集中力等において非常に重要な役割を果たしています。目安として日付が変わるまでには寝たほうがいいと思います。

2つ目は、自分を卑下せずに目標に向かって頑張るということです。「どうせ自分なんか大したところには行けないし…」「自分の高校の偏差値が低いから…」これらは邪念です。何事もやってみなければわかりません。

あと1年間か2年間、頑張ってみてください。もしかしたら高3の3月には、自分の予想以上の大学に合格しているかもしれませんよ。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の学力を数値で見ることができるほか、勉強の成果が出たかどうかの確認ツールとしても有効です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

4

Q
東進を選んだ理由
A.

通っている高校の近くに校舎があり、他の大手予備校に比べて通いやすいと感じたから。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

辛いと思う科目に対して興味を持つ。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

問題が実際に解けると面白いので、その感覚をより多く味わうために勉強を頑張る。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

よく聞く大学である「早稲田大学」のレベルがどれほどのものであるのか、自分で実際に受験してみて確かめてみたかったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

高校生活の一部

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
センター試験本番レベル模試が特に役立ったと考えています。

過去問演習講座
英作文の添削などに活用しました。

【 特別招待講習 】
東進に入るきっかけとなりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
基礎の文法から簡単な読解までを扱うこの講座のおかげで、古文に関しての盤石な土台ができたと考えています。

友達にシェアする

 

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

吉野敬介 先生

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒

東進の授業を体験する