2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
慶應義塾大学 環境情報学部

高崎竜一くん

東進ハイスクール新浦安校

出身校: 攻玉社高等学校

東進入学時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

担任助手の方の豊富な受験の知識が助けになった

僕が東進に入ったのは高校二年生の春頃でした。東進に入ったきっかけというのは周りが受験勉強に関して意識を持ち始め、あまり考えていなかった自分もこのままじゃまずいと危機意識を持ち始めたのが始まりでした。自宅の最寄り駅にあったというのもあり、入学することはすんなりと決まりました。また僕は東進に入る前も後も部活には入ったことは一度もなく、勉強もろくにしていませんでした。

東進で主に受けていたのは、ハイレベルシリーズの化学と物理、そして基礎的な数学を多く取っていました。また、過去問なども何度も添削してもらいました。自分がおすすめする講座はハイレベル化学です。同じハイレベルシリーズのハイレベル物理と違ってわかりやすい説明で、難しい問題を説明してもらえます。特に現役生が躓きやすい有機の高分子化合物などをスムーズに学習できるのがとても良かったです。ハイレベル物理は相当頭が良くないととてもじゃないけど無理だと思います。ですが、応用に興味があるほど実力があるならば取る価値はあると思います。

僕が担任助手の方の指導で役立ったと思ったのは、僕に慶應の環境情報を勧めてくれたことです。自分では受けようとは思ってもなかった学部でしたので、担任助手の方の豊富な受験の知識が助けになってくれました。今では、助言のおかけで慶應に入ることができました。

僕の将来の夢は自分の脳に干渉する電子機器を新しく開発することによって、人の生活をよりよいものにしようと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

慶應の環境情報学部を勧められたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループミーティングで受験に向けたモチベーションをあげてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習すると勉強がはかどります。

Q
東進を選んだ理由
A.

家から最寄りの駅にあったため

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

週に何コマやったかを確かめ合った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験勉強が終わったらやりたい事をリストにして、自分を鼓舞していました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とても辛かったがやった価値はあったと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

脳科学とITの融合といった分野を研究したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
早く授業を受けられるため便利です。

過去問演習講座
過去問を解いたら添削してもらえる。

【 確認テスト 】
毎回テストがあるため知識が身についたか確認できる。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 有機化学 】
難しい内容をわかりやすく理解できる。

【 ハイレベル物理 力学演習 】
基礎的な内容を深く学習できる。

【 ハイレベル化学 理論・無機化学 】
暗記だけに留まらない勉強ができる。

友達にシェアする