2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1244人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 法学部

福田真紀さん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 江戸川学園取手高等学校

東進入学時期: 高2・6月

所属クラブ: サッカー部 マネージャー

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

周りに支えられた受験期

私はこの受験期を通して今まではしてこなかった経験をたくさんし、成長することが出来ました。

私が東進に入学したのは高2の6月ごろでした。まだ周りの友達は受験に向けた勉強を始めてなくて、塾に行ってる人も少なかったので、人よりも先を行けると思いました。部活の練習や練習試合が多かったですが、それを勉強をしない理由にしたくなくて、電車の中などの隙間時間を使って勉強していました。いくら疲れていても部活の後は絶対校舎に来ようと思いました。東進に入ったばかりの頃は校舎には来ても、モチベーションが上がらなくてダラダラしてしまったり、しゃべってばかりいました。しかし、10月のセンター試験本番レベル模試で英語が80点だったのにショックを受けて、そこからこのままじゃ行きたい大学にも行けないし、浪人してしまうと思い、本気で頑張ろうと思いました。

また、柏校で担任助手が不合格体験記を話してくれたことも、焦りに繋がって、やる気になりました。本気になってから、計画をきちんと立てるようになりました。少なくとも一ヵ月先まで予習、受講、復習の日程を決め、一日の始まりにその日一日の計画を立てました。高2の時はストイックにやり、1月にセンターで160点を取り、目標を達成しました。高3になって部活を引退し、勉強漬けの日々になってからが精神的に大変でした。勉強に使える時間が増えて、逆にモチベーションが上がらなくなってしまいました。そういうときに大学生になって楽しんでいる自分の姿を想像してモチベーションにしていました。また、自分の為だけでなく、塾のお金を払ってくれている親や応援してくれて、励ましてくれる東進の人たちのためにも、頑張って合格しなければいけないと思いました。

夏休みが終わってからが本当に一番辛い時期でした。学校が始まって勉強時間が思うように取れなくなってストレスになったり、クラスの周りの子が推薦で大学が決まり始めて大学に行ける保証がないことに焦ったりしました。学校に行くのがしんどかった分、塾に行くのが楽しかったです。グループ・ミーティングで楽しく話したり、担任助手の方と話したり、お昼を友達と食べたり辛い受験期の中の楽しみを見つけることが出来ました。

センター試験が始まって、私大の試験が始まってから特に周りの存在に助けられました。友だちとお互いに、試験の前日は「がんばれ」と送り出し、試験から帰ってきたら「おつかれさま」と言い合うのが頑張る力になりました。試験の結果が出て、友達の合格を自分のことのように喜べたり、自分の合格を親、友達、担任助手がたくさん喜んでくれたことが本当に嬉しかったです。私の受験期を振り返ると、本当に周りに支えられてきたのだと思いました。周りの人への感謝を合格という結果で返せたのが本当に嬉しいです。早稲田に合格したことで自分に自信がつき、自分を認められるようになりました。これをスタートにこれからいろんなことにチャレンジしたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

これからやるべきことを教えてくれたり、計画を一緒に立ててくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いっぱい話を聞いてくれたり、勉強方法を教えてくれたりしたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

目標設定になって、モチベーションに繋がる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分で授業を入れられたり、自宅受講が出来るのが自分に合ってると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

いろんな話をしたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

時間の使い方が上手になった。精神力がついた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休み後が辛かった。泣いたり、人に話したりした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学生活を想像する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学生活を充実させて、将来のステップにしたかったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分との闘い。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人の幸せを作る手伝いをしたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 過去問演習講座  】
添削してくれるし、解説授業が付いてて良い。

高速マスター基礎力養成講座
基礎を徹底できる。

【 確認テスト 】
授業をちゃんと聞こうと思える。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
一生頭に残る。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎) 】
わかりやすくて、基礎が定着する。

【 吉野敬介の早大古文スペシャル 】
授業も教材も良い。

友達にシェアする

 

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

吉野敬介 先生

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒

東進の授業を体験する

吉野敬介の早大古文スペシャル

東進ハイスクール発大隈講堂経由早稲田大学行き。途中吉野の早大古文スペシャルに停車します

吉野敬介 先生

≪じっくり煮込んで解こう編…平安~江戸の作品プラス漢文も≫≪現古融合六連発編≫≪速読速解…なんか自分では読まない・読めそうもない文章≫の三部構成で授業を進める。早大合格の決め手になる読解法・解答法を伝授⇒①全体の大意・流れをつかむ②人物関係(特に主語)つねに誰のセリフか・誰の心中か・誰が何をしているのかを押さえる③省略された主語・目的語をさがす。①②③を徹底的に強化することにより⇒正確な現代語訳(直訳→意訳)・文中に根拠ありの前後策・同じ表現を見抜く⇒速読速解につなげていく。デザートに≪一発必中盲点強化合宿-早大編≫⇒文法・ハイレベル単語問題・解釈・前後関係・敬語・和歌修辞・常識⇒すべて早稲田の過去問を徹底分析。驚異の158ページ148問。すべて解答法・解答付き⇒あの八年連続的中させた伝説の超人気講座が今、東進で復活!!

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:早稲田・早稲田・早稲田・早稲田・早稲田何がなんでも早稲田という生徒対象

東進の授業を体験する