2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
法政大学 法学部

藤川桜さん

東進ハイスクールたまプラーザ校

出身校: 森村学園高等部

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 茶道部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

担任助手の方々に何度も話を聞いてもらい、何回も救ってもらった

東進に入って良かったと思うことは、同じ志を持った仲間と出会えたことです。特に夏の合宿では同じくらいの学力の人達とお互いを認め合い、競うことで自分も高められた気がします。同じ校舎で合宿へ行った友人とも夏休み期間朝から集まって発音、アクセント、後半は構文も音読しました。そのおかげか、センター試験本番では発音アクセントの部分が1問ミスにおさえることができました。

東進は映像による授業なので何度も同じものが見返すことができます。私も、選択科目の勉強に詰まった時は何度も授業を見返しました。特に、受験生専用の英語の講座は構文なども確認できるのでとてもおすすめです。

受験勉強も佳境に入る12月、私の周りの友人がほとんど推薦で決まり、受験する人も推薦組の人達と遊びにいっており、指定校推薦をとれば良かったと何度も後悔しました。そんな中、東進の担任助手の方々に何度も話を聞いてもらい、何回も救ってもらいました。此の頃の私の勉強のモチベーションは指定校推薦が来ていないところへ進学しようという自分の中にあるプライドだけでした。

幸い、私はセンター試験で自己ベストを出すことができました。センター試験利用入試を出願するにあたってのアドバイスは、東京女子大学や日本女子大学などは大学名で選んでいることが多く、多くの受験生が昨年度の出願者数を参考に出願します。実際、昨年度の受験者数よりも2~3倍に増えた学部もありました。だから、自分の行きたい学部が既に決まっているなら、前年いくら志願者数が多くてもぶれずに出願することをおすすめします。

私は将来司法書士や事務官などの、第一線で活躍する方をサポートできるような仕事に就きたいと思っています。そのためにも、与えられた仕事はしっかりこなせることのできるような、責任感の強い人になっていきたいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校を決める時、当時の学力では合格の難しい大学が多かったにも関わらず自分の意志を尊重して頂きました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験や友人関係で悩んでいる時、相談に乗ってもらい、何度も救われました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

実際のセンター試験より少し難しいですが、自分の学力がどのくらいかを測る良い目安になると思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

友人が通っていて、映像による授業のため自分のペースで受講が進められるというところが魅力的でした。また、自習室も夜まで空いており、最寄駅にあるため、学校帰りに寄って勉強して帰るのにあまり抵抗感を感じることはないだろうと思いました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じレベルの大学を志望しているため、勉強法を見習ったりしてました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

人一倍努力することです。私は周りの同級生より遅く入部しましたが、高2の最後では彼らと同じくらいお茶のお点前が上手くなれたとおもいます。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

周りが推薦で遊んでばっかりで、受験が嫌になった時期はあります。担任助手の皆さんに何回も話をきいてもらい、自分の中で友人とは距離を置くようにしてました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

指定校推薦が来ていなかったところへ行こうと思っていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学のキャンパスや教授の授業を聞いて、この学校に通いたいと思うようになりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分が成長するきっかけです。本格的に始めてから何度も壁にぶつかりましたが、それを乗り越えるたびに精神が強くなった気がします。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

受験生の精神的サポートをしていきたいと思います。周りをよく見て、自分にできる限りのことをしっかりこなしていきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS
自分の学習状況が随時わかったり、合格サポートシステムで自分の受験校の整理もできたりするので、とても便利です。

高速マスター基礎力養成講座
苦なくいつでも単語や熟語、構文を覚えられるため、良いと思いました。

東進模試
結構頻繁に複数の種類の模試があり、苦手科目や自分の学力の相対評価が見れるので、おすすめです。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史〔テーマ史・地域史〕 】
世界史を暗記する上で一番分かりにくく、対策のしにくいものがテーマ史や地域史だと思います。モノの動きや人の移動など、私が苦手なところを分かりやすく授業してくださいました。

【 過去問演習講座 センター対策 】
かなり膨大な量があるので、ほとんどの人が終わらないと思います。分野別学習は苦手なところを重点的に対策出来るので、私はほぼ分野別の対策をしていました。

【 明治・中央・法政大対策長文読解 】
長文は慣れないと読むのもつらいとおもいます。特に1000字を超えるとどこに重点を置いて読めばいいかわからないこともありますが、講師の方がしっかりと対策をしてくださいます。

友達にシェアする

 

ハイレベル世界史〔テーマ史・地域史〕

近年よく狙われるこの分野を要領よく学ぶ

センター試験、私大、国公立大で入試の頻度が急上昇している分野です。テーマ史では原子力や核関連の歴史、伝染病と医療の発達の歴史、移民などのヒトの歴史、茶・砂糖などのモノの歴史を扱い、地域史ではマヤ・インカなどの中南米史、北・中央アジア史、東欧史などを扱います。ウィークポイントになりやすい分野なので要注意です。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:難関私大、難関国公立大の合格を目指す生徒。世界史を「理解」して暗記したい生徒

東進の授業を体験する