東進×AI!限られた時間の中で
本当に必要な演習を提供

東進は演習もスモールステップ

東進では、最後まで学力を伸ばして合格可能性を高めるために、入試直前期の演習まで徹底的に行います。そのうちの一つが、この「志望校別単元ジャンル演習講座」です。この講座の大きな特長は、最新のAIによる学力診断で、君の志望校合格に必要な取り組むべき単元・ジャンルと問題レベルが明確にわかること、そして診断結果をもとに条件づけをすると、10万問以上のデータベースから最適な問題が提案されて演習できることです。現役合格No.1の東進が保有するビッグデータを投入し最新のAIを活用した、一人ひとりに最適な志望校対策を実現する日本初の学習システムです。

「志望校別単元ジャンル演習講座」の強み

①圧倒的な問題演習量

難関大学の入試問題、過去10年分を「単元」と「ジャンル」ごとに詳細に分析して、10万問以上の圧倒的な演習量を実現。採点や添削指導も行うため、質の高い演習が可能です。

②正確な学力診断

君が学習すべき項目を「単元」「ジャンル」ごとに優先順位をつけてAIが提示します。科目を横断して提示されるため、受験科目の総得点を最大化できます。また日々の学習履歴をもとに診断するため、学習すればするほどAIの学力診断は正確になり、より最適な演習問題の提案につながります。

③最新AIによる逆算学習

「逆算学習」とは入試までの限られた時間の中で、合格可能性を最も高める学習です。効率よく学習するために、AIが単元・ジャンルの優先順位を科目横断で提案します。

④一流講師陣による
 ワンポイント解説授業

特に課題のある単元・ジャンルについては、弱点克服のためにワンポイント解説授業を約10分で受講できます。単元を深く理解するためのポイントをぎゅっと凝縮しています。

志望校別単元ジャンル演習講座 機能イメージ

学習診断機能

  • 日々の学習履歴をデータとして活用

    過去問演習講座

    東進模試

    講座修了判定テスト

    志望校別単元ジャンル演習講座

    ※分析対象は変更する可能性があります。

  • AIによる学力診断

    診断❶
    〈学習項目〉
    単元・ジャンル別に「優先度」を提示
    ※伸びしろや出題頻度などをもとに診断


    診断❷
    〈演習レベル〉
    単元・ジャンル別に「優先度」を提示
    学習履歴と志望校に応じておススメの演習レベルを提示

  • 条件の絞り込み

    ❶❷の診断結果をもとに取り組む単元・ジャンルとレベルを自分で選択
  • 演習一覧表示

    総数10万問以上のデータベースから条件に合致した問題一覧を提案

演習機能

  • 問題選択

  • 演習開始

  • 演習後

    添削指導(国公立のみ)

    採点

    ワンポイント解説授業を活用しよう!

2019年志望校別単元ジャンル演習講座
演習問題数別の東大現役合格率

2019年入試受験者の志望校別単元ジャンル演習講座への取り組みと成績の関連を調査したところ、演習量を積めば積むほど合格可能性が高まるという事実がわかりました。右のグラフは東大現役合格率を示したグラフです。まったく取り組んでいないグループの合格率は約20%ですが、演習量を重ねるほど合格率は上昇し、101題以上取り組んだグループの合格率は40%とほぼ2倍の結果が出ていることがわかります。

東大現役合格率

単元・ジャンルとは・・・

難関大学入試では教科書に沿った単元から出題されるとは限りません。むしろ、複数の単元を横断した「ジャンル」で出題されることが多いのです。そのため教科書の知識を修得するだけでは解くことが難しく、合格するためには各大学の入試傾向に沿った「ジャンル」による演習が非常に重要です。