2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
社会科学部

no image

写真

朝岡耕佑くん

東進ハイスクール成城学園前駅北口校

出身校: 成城学園高等学校

東進入学時期: 高1・2月

この体験記の関連キーワード

問題への対応力が上がった「単元ジャンル別演習」

 第一志望の早稲田大学を受験する際に一番重要だと感じたのは一般試験過去問の演習実施です。たんに過去問と言っても過去問への取り組み方は様々な方法があります。

まずは東進の「過去問演習講座」です。過去問演習講座の実施料としては早稲田大学社会科学部の国語、日本史を10年分×2周、プラスαで英語の演習はさらに10年分実施しました。他にも早稲田大学の学部はいくつか受験しましたが、結果的に模試で社会科学部よりも判定が良かった他学部は不合格で、社会科学部のみが合格に結びつきました。

次に「単元ジャンル別演習」です。「単元ジャンル別演習」とは2018年度から始まった新しい東進の演習講座です。通常授業のようなタテの学習だけでなく、分野・ジャンルなどヨコの学習ができるので問題への対応力が上がりました。さらに過去の合格者平均と自分の得点の比較ができる点にも魅力を感じました。

そして早稲田大学対策講座(授業)です。学部の特徴というよりは大学そのものの問題傾向の特徴が掴みやすいので勉強の指針になります。様々な過去問演習を実施してきた中で特に役立ったと思ったのは、日本史科目への対策です。早稲田大学は特に日本史の出題傾向に特徴があるので、頻出事項を深く学べたのが良かったと思います。

来年はさらに受験競争が熾烈さが増しますが、東進で学んできたことに自信を持って最後まであきらめずに、とはいえ変に緊張もせずに走りぬけられるように頑張ってください。応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

バスの広告

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業を受けて、授業の質が高いと感じたから

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 スタンダード日本史B PART1 】


【 早大日本史演習 】


 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒