2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京農工大学
農学部

no image

写真

大和久健太くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 生物部 部長

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

センターの中で苦手な部分を重点的に強化できた

 僕は東進ハイスクール川越校に高校2年の1月から入りました。入ったきっかけは友人からの紹介です。

東進のおすすめの1つ目は開館時間がほかの塾に比べて長いため長時間自習室を利用できることです。2つ目は過去問演習講座 センター対策の大問分野別演習です。これはセンターの中で苦手な部分を重点的にできるため苦手部分を徹底的に学習することができます。僕は特に英語の長文をこれで重点的に強化することができました。

3つ目はグループ・ミーティングです。グループ・ミーティングでは自分と志や学力が似通った人たちと勉強についての意見や情報を交換することができる良い機会です。また、お互いの勉強のモチベーションアップにもつながりました。

僕がおすすめする講座は河合正人先生の受験数学Ⅲ(応用)です。この講座は数Ⅲの基礎的な問題を網羅しつつ発展的な内容も含んでいるため、学校の授業レベルから受験に通用する数Ⅲの能力へのレベルアップに最適な講座だと感じました。

あと、入試対策:センター試験対策化学もおすすめです。この講座はセンター化学に出題される内容をもれなく学習することができます。特に、無機有機の分野のテキストの予習復習用にある一問一答は短時間で多くの内容を復習することができるので模試前やセンター試験直前に使う教材に最適だと思います。

おすすめの東進模試はセンター試験本番レベル模試です。この模試に慣れることでセンター過去問を解くときやセンター試験本番で少し心の余裕が生まれたりなど本番に強くなれると思います。

担任の先生との面談では進路相談に乗ってくれたり国立前期の後に後期に向けて様々なことを話してくれたりしたことが印象に残っています。担任助手の方は学習計画や試験直前の勉強内容などの相談に乗ってくれました。

僕は高校3年の8月初頭まで生物部の部長として活動していました。部活は週6日で活動していました。自分は獣医になるためにこの大学に進学しますが、「独立自尊の社会・世界に貢献する人材」になるために僕は獣医の勉強はもちろん、獣医学以外の様々な学問分野に対して積極的に取り組み知見を広め、将来獣医師になったら動物を診療するだけではなく、広げた知見を活かし動物を診ることに加えて、様々な分野でも活躍できるような人材になります。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅲ(応用) 】


【 入試対策:センター試験対策化学 】


 東京農工大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

志田晶先生

受験数学Ⅲ(応用)

数学Ⅲも深く理解しよう!!

この講座では、数学Ⅲの典型問題の演習を通じて、考える力の養成をします。数学Ⅲ自体は計算力に左右される分野です。しかしながら、物事の根本原理をおろそかにすることは許されません。この講座では、物事の根本原理を追求し、数学Ⅲの深い理解をはかります。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で中堅国公立、私立大学を目指す生徒