2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

首都大学東京
法学部

no image

写真

佐久間舞さん

東進ハイスクール春日部校

出身校: 浦和第一女子高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 書道部 会計

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

担任との面談で具体的な計画が立てられ、効率の良い勉強ができた

 私は、高3の4月に東進ハイスクールに入学しました。私は学校の委員会活動が忙しかったので、授業時間が予め決まっている授業ではなく、自分のペースで学ぶことができる映像による授業はとても魅力に感じました。

東進の映像による授業は、自分のペースで進められるだけでなく、授業ごとに確認テストがあり、授業で学んだ内容がしっかりと頭の中に入っているか確認し、私の弱い部分を集中して覚えることができました。また、授業中、同じ部分を何度も聞き直すことができたことも、分からなかった部分をそのままにせず、自分の理解を深めるために役立ちました。

また、担任との面談やグループ・ミーティング、ホームルームでの話をもとに週、月、1年単位の勉強の進め方や、自分のやるべきことを可視化でき、具体的な計画が立てられた事は、効率の良い勉強に繋がりました。

また、東進の担任の方は生徒の私たちのことをよく見ていてくれて、一人一人にあったアドバイスや勉強計画を一緒に考えて下さるので、とても心強い存在でした。時には、大学での生活や、担任自身の夢や目標を話してくださったので、大学に進学した後のことを想像することができ、受験勉強への勉強意欲を維持する事ができました。

東進の合格体験記を読んでいる人に伝えたい事は、最後まで諦めずに自分がやると決めた事をやることです。私が合格することのできた志望校の模試での判定は、常にEかD判定でした。それでも、合格する事ができたのは、最後まで諦めず、机に向かって毎日勉強し続ける事ができたからだと思います。

目標を落とす事は簡単ですが、一生の中で目標に向かって必死で勉強することができる瞬間は何回も無いと思います。何事も諦めず、後悔の残らない選択をしてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分が受験生の時に用いていた参考書や勉強法、問題の解き方を面談の時に、細かく教えてくださいました。実際に使っている参考書も考慮にいれながら具体的に自分がどのような学習をすれば良いのか計画することが出来たので、勉強の方向性を見失わずにいることが出来ました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングでも、個人面談でも私たちのことを励ましてくれたり、大学での生活を話してくださったりしたので、大学に合格することが目標ではなく、常に大学に入学した後のことを視野に入れて勉強に取り組むことが出来たので、勉強へのモチベーションを保つことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

大問ごとに解説授業があるのでそれも参考にしながら復習に取り組むことができました。解説も細かく書いてるので、模試の内容以上の知識を復習の時に学べ、自分の力になりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので、授業を受ける時間や授業内容を自分で決めることができ、自分のペースで、かつピンポイントで自分の学びたい事を学ぶことができると思ったからです。受験を終えた今でも、東進のスタイルは自分に合っていたと感じています。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じような志望校を目指している友達と週1回会うことができたことです。担任助手の先生が準備してくださった語彙や漢字の小テストをみんなで解くのが序文の学習にもなったし、楽しかったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

何かを諦めるのではなく、部活も、行事も勉強もやりきったことは、大変なこともありましたが、多くのことを視野に入れて物事を考えることが出来るようになりました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

正月特訓この特訓に参加して、私が今まで精一杯やっていたと思う勉強のレベルはまだまだで、もっと妥協せずに必死に勉強できることに気づくことができました。質の高い勉強を身を持って感じることが出来る、これ以上ない機会だと思いました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

模試の結果が思うように伸びず、悩んだことがありました。それでも、自分でやると決めたことを毎日やることでそれを自身に繋げていくことが出来ました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と会って話すことや、自分の好きな音楽を聴くこと

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

実際に足を運んで見て、ここで勉強したいと強く思ったことと、ボランティア活動をするプログラムがあったこと

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

最後まで諦めずに努力を続けることの大切さを学ぶことが出来た機会

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は将来、公務員になって社会福祉や子供支援に関する問題を解決していく仕事がしたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

確認テスト
授業を受けた直後にテストを受け、結果もすぐに確認できるので、自分がインプットできていなかった部分がすぐに分かります。確認テストのお陰で効率よく復習をすることができました。

過去問演習講座
第一志望校は10年分、第二志望は5年分過去問を解くことができます。本番の冊子と同じような形で過去問を解くことができるので本番力も鍛えられ、解説授業も年度ごとに見ることが出来るので、過去問の分析が徹底的にできるとともに問題の解き方を復習を通じて確認することができました。

高速学習
短期間で自分の不足している学習内容をインプットすることが出来るので、効率良く学習することができたと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 記述型答案練習講座:難関国公立大古文 】
講座全体で10つの古文を読むので、記述問題に慣れることができました。また、自分の解答した内容を細かく添削してもらえるので、制度の高い解答を作る力が付きます。

【 上位国公立大現代文 】
記述の書き方を1から学ぶことができました。

【 政治経済攻略(時事解説と総合問題演習) 】
本番の試験では、この講座で学んだことや、参考資料の内容がそのまま問題として出題されたものもあり、薦めてくれた担任に感謝しています。

 首都大学東京の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

友達にシェアする