2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

北海道大学
総合入試理系学部

no image

写真

藤城美帆さん

東進衛星予備校東岡崎駅南口校

出身校: 岡崎高等学校

東進入学時期: 高1・1月

所属クラブ: 家庭部、茶道部 部長(家庭部)

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

グループ・ミーティングでやる気を出すことができた

 私は高校一年生の時まで他の塾に通っていましたが、そこの先生とそりが合わず、成績も伸び悩んでいました。そこで他の塾に入れば何か変わるかもしれないと思い東進に入学することを決意しました。東進に入って印象的だったのは、他の子たちが頑張る姿勢がよく見えたことと、先生や担任助手の方々の雰囲気の良さです。

毎週あったグループ・ミーティングでは雑談を交えつつ今週の目標などを話し合い、「みんなも頑張っているから私も今週はあと二コマ頑張ろう」「みんな毎日来るみたいだから私も毎日東進に来よう」などやる気を出すことができました。また、フロントで軽く先生方に声をかけられたりして話すことでいい意味で緊張がゆるんだし、月に約一回あった担任助手の方々や担任の先生との面談では、私が自分の本音や弱いところも見せて話すのをたくさん聞いてもらい、たくさんアドバイスをもらったことはとても頼もしく、ありがたいことでした。

個人的に受験期で一番辛かったのは体育祭シーズンでした。疲労と体育祭のことで頭がいっぱいなのとで勉強しなきゃという気持ちが薄れがちでした。しかし、いくら疲れていても毎日東進に来ていれば自然と脳が勉強モードに入ってくれるので毎日東進に来ることはとても大事なことだと実感しました。そのあとは周りも完全勉強モードに切り替わるので、周りの波に遅れずついていけば、順調に合格に近づけると思います。

また、11月の週末摸試ラッシュの時期は精神的に病みそうになりますが、あまり無理せずいつも通りの規則正しい生活を送ることが最善策だと思います。そうして、色々な人の支えのおかげで無事第一志望校に合格することができました!

大学では、ずっと憧れていた広大な土地でみんながおいしいといって幸せになれる食べ物を育てつつ、雄大な自然をずっと守っていけるように自然保護、生態系保全にも取り組んでいきたいと思います。そして野生動物も植物も人間もお互いを尊敬しつつうまいバランスで共存しあえる世界をつくっていきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

11月ごろに聞いたこれからのセンター対二次対策の時間配分の話

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験体験の生の声が聞けて頼もしかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

早いうちからセンターの形式に慣れておけることはアドバンテージになる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

今まで通っていた塾で成績が伸びず、新しいところで違う人に親身になってほしかったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

おかしパーティーが楽しかった毎回楽しく勉強の話ができた。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 有機化学 】
先生が頻繁に言う語呂合わせがテスト中などにスッと頭に出てきて役に立つ。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
基礎からわかりやすく雑談も交えて教えてもらえるので楽しくなってくる。

 北海道大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 13

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒