2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

神戸大学
工学部

no image

写真

三輪陽彦くん

東進衛星予備校豊田駅南校

出身校: 刈谷高等学校

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: 硬式野球部 副主将

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

志望校に合格したいという意志を伴って、東進の力が威力を発揮する

 僕は高校三年生の夏まで部活動に励んでいて、本格的に受験勉強を始めたのは部活動を引退した八月ごろでした。部活動をしていたころは満足に勉強ができるはずもなく、基礎基本もわからない状態で東進に入学しました。

東進の映像による授業は何もわからない僕でも理解ができるほど丁寧だったので基礎基本の定着にとても役立ちました。また、受講していてわからないところがあっても校舎にいる担任に質問をすれば疑問点が解決できて、内容の深い理解につながりました。

ある程度基礎ができたころに役立ったのは東進模試です。受験結果が一週間で返ってきて志望校と今の実力との差が一目でわかり、今何をすべきかが明確になりました。東進の模試には解説授業もついており、理解が出来なかったところや発想が出てこなかった問題の復習をするのにとても便利でした。

センター試験が終わったころ、志望校へのスパートがかけられたのは過去問演習講座のおかげです。実際の過去問を実際の時間で行い提出すると、採点をされて返ってきます。その際、解答の記述不足や伝わりにくい表現が丁寧に添削されて返ってくるので、入試本番の時に添削されたところを思い出しながら解くことが出来ました。

志望校に合格できたのは東進に入ったことももちろん理由の一つですがやはりそれだけではないと思います。自分の志望校に合格したいという強い意志を伴ってこそ東進の力が初めてその威力を発揮すると思います。なので、来年の受験生には折れない強い意志をもって東進を十分に活用して志望校合格を掴み取ってほしいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

林修先生が好きだったから。体験授業の時に自習室が自由に使える事を知ったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

自分達は秋に結果を残せずに長い長い冬練を経験した。その時にチーム全体が一致団結して同じ目標を持つことの大切さと難しさを学んだ。又、つらく苦しい冬練に耐えたことで受験期に折れない心も身についた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受かることの想像を常にすることと、周りに絶対合格する旨を伝える事。口に出すことでやる気が出てくるし、ほかの人にいうことで自分の逃げ道をふさぐ。やはり他人からやれと言われるモチベーションでは長く続かない。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理演習(応用) 】
公式を覚えるだけじゃテストのなんの役にも立たないことを教えてくれた。物理は現象の原因を考えれば公式暗記は最小限で済むことが分かった。

【 過去問演習講座 神戸大学(全学部) 】
どの解説授業も躓きやすいポイントが抑えられていて理解がしやすかった。

【 難関化学PART1 】
担当の先生の問題の解き方が自分に合っていて応用範囲も広いから

 神戸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

友達にシェアする