2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
人文・文化学群

no image

写真

岡田卓也くん

東進衛星予備校津山山北校

出身校: 津山高等学校

東進入学時期: 高1・11月

所属クラブ: ソフトテニス

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

過去問演習講座で間違いをきちんと把握し、解説授業で理解できた

 僕は、1年生の秋に東進に入学しました。最初は英語と数学の講座をとりました。数学では学校の授業の先取りをする形となったため授業の内容がすでに知っているものとなりました。そのため、東進入学以前は学校の定期テストで数学の追試をよく受けていましたが、そのようなことはなくなりました。

2年生の秋ごろにはそれまでとっていた講座が終わったため、センター試験対策の現代文、数学、それから英語をとりました。現代文の林修先生の講義は非常にわかりやすく、論理的な現代文の解き方がわかったように思います。英語でも、僕はリスニングが苦手でしたが、安河内先生の英語のリスニング用の教材を使用することで、改善されました。

部活を引退すると、それまでは週に3,4日ほどしか東進に行っていませんでしたが、それからは、東進にほぼ毎日通うようにし、受講のペースも上げました。そして、センター試験の過去問は3年の8月から始めました。おそらくその時点で2年生の2月ごろに初めてマーク型のテストを受けた一般の受験生と比べて、東進に入学した当初からセンター試験本番レベル模試を経験している東進生はマーク型のテストへの対応力がついていたと思います。

しかし、やはりこのセンター試験の過去問を大量に解くことで、さらに実力があがったと思います。また、学校でも11、12月ごろにはセンター試験の演習を行うようになりますが、それを復習として行うことができ、時間がない受験生にとってとてもアドバンテージになりました。このようにして、センター試験では目標の点数を取ることができ、志望校もセンター試験で変えることはありませんでした。

二次試験対策では、東進に入っていない文系の友達は記述問題の採点ができないため、解答の完成度が分からず困っていましたが、東進の過去問演習講座(国公立二次対策)では自分の解答が採点されるため、どこが間違っていたのかをきちんと把握することができ、解説授業を見ることで、理解することができました。それのおかげもあり、志望校に合格することができました。

しかし、反省することもあります。それは、高速マスター基礎力養成講座です。英語のいくつかは完全習得することができましたが、英文法などは終わらせることができませんでした。また、数学のほうも終わらせることができませんでした。もう少し早い段階で東進に来る回数を増やし、これらをやっておけば、センター試験などでもより高い点数が取れたのではないかと思います。後輩の皆さんには、なるべく多く東進に来ていただいて、東進だけで受けることのできる様々な機能を活かしきってほしいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

英語のリスニングの得点を上げるために英語講座の音声を利用したシャドーイングを勧められ、行ったところ、確かに伸びた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

ノートにいつも返信を書いてもらった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

場数を他人より何回も多く経験することができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分に必要な勉強を自分に合ったレベルで選ぶことができる。また、自分のしたいときに自分のペースで進められる。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

非常に楽しく会話でき、友達の進度を知ることができた。また、共通の目標を持つことで、積極的に学習を進められた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校、部活が終わるとすぐに東進に来て勉強しようとする姿勢を作る。部活では、苦しいことにも耐えようとする忍耐力や、みんなで目標を達成しようとする結束力を得たと思う。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

生で有名講師の授業を見れた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

睡眠

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

目指す目標としてよく、好きな学問も学べるから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

苦しかったけど、振り返ってみると楽しかったと思えるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

社会の一員として働く

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
センター試験や2次試験の演習ができ、授業を見て理解することができる。

東進模試
早い段階からマーク型テストを受けることができ、ほかの受験生に差をつけられる。

実力講師陣
有名講師の分かりやすい授業を受けられる

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
多くの演習を重ねることができる。学校の演習を復習として利用できる。

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
林先生の分かりやすく、面白い授業できちんとした現代文の解法がわかる。

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
音読を中心とした学び方で、単語、長文、リスニングの勉強が同時にできる。

 筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする

出口汪先生

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒

安河内哲也先生

安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法

ていねいに正攻法で、入試問題のツボを伝授する

この講座は、早慶上智、難関国立大二次試験の対策に最適の講座で、和訳、精読、速読、英文の論理展開、設問解法を勉強します。もちろん、同時に英単語・英熟語、英作文の習得もできるよう工夫しています。受験での得点アップを通じて、将来も役に立つ、本物の英語力の習得に励みましょう! また、この講座ではネイティブによる音声を使用して、音読の仕方に徹底的にこだわります。今まで、発音ができずに音読に挫折した人でも、絶対に挫折させることはありません。英語なんて、やればできる! Practice makes perfect!

90分×20回+講座修了判定テスト4回