2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
法政経学部

no image

写真

中田優紀くん

東進ハイスクール柏校

出身校: 東葛飾高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

東進の授業は分かりやすく自分のペースで受講できる

 僕が東進に入学したのは、高校二年の夏でした。サッカー部に所属し、部活付けの毎日を送っていた僕は、当時の模試の成績は学校内で半分より下で、このままでは受験に間に合わないかもしれないと不安になり、先輩に進められたこともあって、東進に入ることにしました。

高校二年の1月に東進の担任との面談で文転することを決めた僕は、そこから日本史を始めることになりましたが、東進の授業は分かりやすく、自分のペースで受講できるので、ほぼ毎日受講して学校の授業に追いつくことが出来ました。

三年になるとだんだん受験が迫ってきて、部活や学校の授業が、勉強の妨げに感じることが多くなります。僕の場合は夏まで部活がありましたが、部活の時間は部活、部活の後は勉強、に集中することを心がけることで、部活を引退した後の夏休みからは勉強する体にしっかりと切り替えることが出来ました。

秋ごろからは僕の周りで学校を休む人が増えていきましたが、学校で友人と会っていろいろな話をすることで、気持ちを休めることが出来たし、また勉強へのモチベーションを保つこともできたので、僕にとっては学校は大切な場所でした。

センター試験の後は東進で友人や担任助手の方と話したり、図書館など勉強場所を変えたりして、勉強をしていない時間や環境を大事にすることで、集中力やモチベーションを保つことを意識しました。

また、勉強面では、例えばセンター試験の日本史では、東進の過去問演習講座センター対策、大問分野別演習を、問題がなくなるくらいまでやりつくし、間違えた問題の範囲を教科書で復習することを繰り返して、苦手の分野をつぶしました。

志望校の過去問は10月頃からやり、センター試験後にも繰り返すことで、時間配分や問題傾向はもちろん、解答の根拠になりやすいところも頭に入れました。

試験本番では英語の長文で緊張からか、文章の内容が頭に入ってこず時間が迫りパニックになりましたが、過去問の傾向を参考に、なんとか解答を書き、部分点を多く拾えたことが、合格に繋がったのかなと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

多くの生徒を見てきた担任との面談で、今後の講座や勉強計画を話すことで、安心して勉強できました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

もちろん初めての大学入試だったので、いつ何を勉強すべきか分からないことも多かったのですが、担任助手の方の現役時代の話を聞いて、それを真似することで、安心して勉強に取り組めました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎回目標を決めて、この模試にあわせて勉強しました。センター試験本番と同じ会場で受けられたので、本番は全く緊張しませんでした。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

授業が分かりやすかったから。自分のペースで授業を進められるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループの友人と勉強以外の話ばかりしていましたが、それを楽しみにしていたところもあります。担任助手の方の話は本当に参考になりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活の時間は部活に集中して頑張り、気持ちの切り替えを大事にしました。学校行事も積極的に取り組み、そのシーズンは出来るだけそっちを優先し、終わった後切り替えることを心がけました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友人と本音でたくさん話してモチベーションを保てたので、そういう時期はありませんでした。うまくいかなかった二次試験の後は辛かったです。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友人と話すこと、勉強の環境を変えること

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

実際に見にいって、大学の雰囲気で決めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

友人や担任助手のおかげで辛いと思ったことは想像より少なかったです。仲間の存在の大切さを感じました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

具体的なことは決まっていませんが、グローバル化が進み、2020東京オリンピックもあるので、日本に来る外国人がまた来たいと思えるような国にすることの手助けになるような活動をしたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
授業が分かりやすかったです。数学の志田先生と古文の吉野先生の授業が特に好きで、テキストを何度も復習して理解を深めました。

過去問演習講座
国立二次試験の問題を添削してくれるのは助かりました。

東進模試
2か月ごとの東進模試を目標に計画を立てて勉強しました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 千葉大学(全学部) 】
添削が助かりました。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
頻出の問題がまとまっていて、それを分かりやすく説明してくれるので非常によかったです。この講座のテキストは、試験会場で見直すくらい使いました。

【 基礎からの的中パワーアップ古文(ゼロから始める文法編) 】
助動詞、助詞を吉野先生の言うようにリズムに合わせて覚えたのが、最後の最後まで役に立ちました。テキストは何度も見返しました。

 千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 30