2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
理学部

no image

写真

兒玉陵哉くん

東進ハイスクール津田沼校

出身校: 船橋東高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バドミントン部

引退時期: 高2・6月

この体験記の関連キーワード

時間のあるうちに、なるべく早くかつ丁寧に予習を済ませ復習を行う

 私が東進に入学したのは2年生の12月頃でした。入学前に受けたセンター試験同日体験受験では、平均点以下ぐらいの点数しかとれず、このままではいけないと痛感したのを覚えています。私は当時部活には所属しておらず、まだまだ時間はあると考えていましたが、夏休みまではあっという間でした。

理系国公立大学を志望する場合、二次試験で使用する英語・数学・理科はかなり早い時期から取り組んでおかないと、センター試験の勉強に時間を取られて勉強不足になってしまいます。実際私は過去問では目標点を取れていたものの、本番のセンター試験ではボーダーラインを少し下回り、志望校を下げようかとも考えました。

それでも千葉大学を受けようと決意したのは、二次試験の比率が高くセンター試験の失敗も取り返せるためです。そして本番では千葉大学やセンター利用では取ることの出来なかった東京理科大学にも一般入試で合格することが出来ました。周囲の友達の結果をみても、志望校に合格している人は他の私立大にも一般で合格しているように思います。時間のあるうちに、なるべく早くかつ丁寧に予習を済ませ復習を行うことは、アドバンテージとしてその先も活き続けてくれました。まずはしっかりと基礎を固め、そのあとに応用するという流れが大切だと思います。

私がインプットとして受けた講座で、特に力になったのは「ハイレベル化学 理論化学」でした。千葉大学に対しては少し難しめの内容ですが、基礎から丁寧に扱っているため千葉大学はもちろん、様々な問題に対して対応できる知識を得ることが出来ます。私が千葉大学に合格できたのは化学のおかげ、つまりこの講座のおかげといっても過言ではありません。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

三者面談にて志望校をもう一度考え直すときに、あまり模試の成績が良くなく志望校を下げようかと思っていたところを、まだ目指せると言って下さったのを覚えています。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学受験のことはもちろん、また志望大学の先輩でもあったため様々な相談に乗って頂き、また忘れがちなセンター国語対策の問題も手作りして下さり、非常に助かりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

私はセンター試験本番であまり良い点数が取れませんでしたが、過去問や他の予備校の結果ではもう少し良い判定がでていました。厳しいという点でも東進の模試で合格点を越えられれば、かなり信憑性のあるデータになると思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

高校受験のときも個別指導塾だったため、集団指導の塾にはあわせられるか不安でしたが、東進では映像による授業なので自分のペースで学習することが出来ると思い、東進を選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

志望校が近い人同士を集めて行ったため、良い刺激になったと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で学んだことを活かして日本の科学の発展に少しでも携われるような仕事に就きたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
ハイレベル化学の先生の説明は面白く、また分かりやすい内容でとても良かったです。

東進模試
自分の実力を測る機会が増えることは大いに参考になります。

確認テスト
やはりこれがないと、全く頭に入らないまま講座を終えてしまう恐れがありますし、授業をしっかり受ければ突破できる難易度なのも良いと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 理論化学 】
私の化学の問題に対しての考え方を作ってくれたのがこの講座だと思います。基礎的な部分からしっかり行い、応用としても難関大学の良問が先生によって集められているので、これだけでも受験化学は問題ないかもしれません。

【 過去問演習講座 千葉大学(全学部) 】
問題と解説だけではなく、解説授業まで付いているのでさらに理解が深まると思います。

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
この講座では長文読解をひたすら繰り返します。この経験があったからこそセンター試験の長文や二次試験の長文を何度も取り組むことに対する抵抗も少なくなり、実力も付いたと思います。

 千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

友達にシェアする