2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1244人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
法学部

no image

写真

柴田直希くん

東進ハイスクール鶴見校

出身校: 浅野高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: ハンドボール

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

私立志望から国立志望へ、やることを決めてその実現にまい進した

 知り合いの紹介で東進に入学しました。もともとは私立志望でしたが、やっていくうちに国立大学を志望するようになりました。一橋大学へ進学を希望したのは、高校二年生の秋に、同大学の文化祭を見に行った際に感じた生徒及び学校の雰囲気が自分の肌にあったためです。

志望校を定めてからは、ほぼ毎日のように、学校終わりから東進が閉まるまで通い詰めていました。もっとも、数学をはじめとした多くの科目が全くの0からのスタートだったために、そうせざるを得なかったという点もありますが、多くはやはり自分でやることを決めてその実現にまい進した結果がそのような生活に現れたと感じています。

東進ハイスクールでは、主に英語と数学の受講を軸に、受験において得意分野であった英語を伸ばすこと、および弱点である数学の補強に努めました。今井先生のもと楽しく英語に触れ、長岡先生のもと本格的な受験数学の演習を行い、両講座は本当に自らの糧となりました。

夏以降はセンター試験、二次試験の対策を進めていきました。一橋大学の過去問演習講座では、解説授業を利用しながら国語と日本史を重点的に補強していきました。その中で、繰り返し添削を受けることができたこともあり、本番で一点をつかみ取る技術も同時に高めました。

無事に志望校に合格できたので、今後はもともと得意であり好きでもあったものである英語について、ビジネスで使用していくことも視野に入れつつ、その能力を高めていくことに努めていきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

もともとの勤務先が国立に近かったようで、一橋大学に理解があった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ高校の先輩が勉強面、精神面でサポートしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

一年後に必要なものを早い段階で知ることができるため。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

定期券内であり、友人も所属していたため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ目標を持つ仲間がいて励みになった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活のメンバーは自分よりさらに高い大学を目指している者が多く、彼らに追いつけ追い越せということで勉強面では目標となった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

成績が思うように伸びない時期も信じて学習を続けた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ高校、校舎の友人の姿を見る。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学の文化祭に行って。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛くもあり楽しくもあるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

公務員

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
添削を複数回受けられるため。

志望校対策特別講座
志望校に沿った授業を展開しているため。

担任指導
おせわになったので。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 一橋大学 】
添削を複数回受けられるため。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 24

友達にシェアする