2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

西陽生くん

東進衛星予備校鹿児島中央駅西口校

出身校: 鶴丸高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進の先生方の指導を信じ、着実に実力をつけることができた

 僕は高校三年生の6月まで部活動に打ち込んでおり、それまでは目標としては東京大学合格を掲げながらも、受験を意識した勉強をすることはありませんでした。

しかし、友人から誘われて受けた東大本番レベル模試の壊滅的な結果を目の当たりにし、やっとこのままでは受からないと思って、東進で勉強することに決めました。本気で勉強をし始めるのが他の人よりも遅れていたこともあり、成績はなかなか伸びず、苦しい日々が続きました。

東大模試ではE判定を取り続け、あきらめてしまいそうになることも多々ありましたが、東大対策国語の林修先生をはじめとする先生方の指導を信じ、演習を積み重ねることで、着実に実力をつけることができました。

東進の講座で特に役立ったのは、過去問演習講座です。過去問の演習を重ねながら、解説を受けることで徹底的にわからないところをつぶしていくことができました。

東京大学を目指して勉強する過程には、今まで経験したことのないような辛さがありました。しかしながら、その一つ一つを自分に課せられた試練と考え、乗り越えていったことは、これからの人生において大きな励みになったと思います。東進で東大を目指して勉強できたことにとても感謝しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東大本番レベル模試でE判定をとった時に励ますだけでなく、結果を細かく分析してくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東大に合格するためには後何点足りないかや、どこをどう伸ばせばよいかなどがはっきりわかるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

初めて東進に来たとき、東大対策国語の体験授業を受け、指導のわかりやすさに感動し、選ぶことに決めました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強する時の集中力が身についた

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

長岡先生のテストゼミ

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

他の人もがんばっているんだと自分に言い聞かせて努力し続けた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

問題が解けた時の爽快感

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分が本当にやりたいことを見つけられる場所が東大であったから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらいもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

まだ正確には決まっておりません。東京大学での学習を通して見つけていきたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
自分の現在の学力とそれを受けた後の勉強の仕方が正確にわかるから

過去問演習講座
自分の強い教科や弱い教科に合わせて、演習の方法や量を変えることができ、また、わかりやすい解説授業を聞くことでさらに理解を深めることができたから。

確認テスト
授業を受けっぱなしにせず、その度ごとに確認することで確実に自分のものにできたから。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策国語 】
文章の読み方や解答の書き方などがしっかりと身につき、また、東大の求めていることを正確に理解することができたから。

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】


 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 15

友達にシェアする

林修・三羽邦美先生

東大対策国語

国語で差をつけて東大合格を引き寄せる

東大の厳しい要求水準を突破するために、東大国語の内実を徹底的に分析し尽くし、緻密な訓練を行う講座です。他大学とは次元の違う極限まで洗練された問題の本質にどこまで迫れるか、あの狭い解答欄にどこまでポイントを押さえて表現しきるか、さまざまな課題をクリアしながら、東大合格への基盤を固めていきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:基礎力は十分に身についている東大志望者