2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科一類

no image

写真

髙野周くん

東進衛星予備校大分西校

出身校: 岩田高等学校

東進入学時期: 中2・2月

所属クラブ: ギター部 コンサートマスター

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

自分一人で問題に面と向かう訓練を積んでいくが本番で粘りを生み出す

 時は古代・中世、日本においての学者の一般的な姿は、僧侶でした。この頃に正統とされた仏教は、顕教といい、教義や経典を研究する学問仏教というかたちをとっていたからです。さしずめ比叡山延暦寺が今の東大みたいな感じです。僧たちは、自らの能力を頼りに研究成果をあげ、その道を切り開いていきました。「自力救済」の精神です。それに対し、新たに登場した鎌倉新仏教、特に念仏諸宗に貫かれているのが、簡単な勤行により仏の救済を求める、徹底した「他力本願」の姿勢です。南無阿弥陀仏と一回唱えれば救われる、という浄土真宗の教えは他力本願性を如実に表しています。

なぜ僕がこのような例を挙げたか。今の受験勉強は、自力救済を原則としています。受験場では、自らの頭脳だけが頼りです。これを忘れてほしくないからなのです。今、インターネット上には受験情報が溢れています。東進でも講座を受けていって効率的に学力を向上するシステムが出来ています。でも、まかり間違っても、「自らの頭で考える」姿勢をなくし、「これをやっていれば受かる」などという自分ではない人が書いた無根拠な情報を頼りにして、受験勉強を進めていく、さらには自分で問題に直面することなくすぐ他人が作った解答例を頼りにする、このようなことをしてはいけません。

自らが過去問などと格闘するときに必要な知識を蓄える、また演習そのものの機会を得る、そのために東進の諸講座を「利用」する方針を立てて、あくまで自分一人で問題に面と向かう訓練を積んでいくことが、知的体力を身につけさせ、本番で粘りを生み出すことを可能にするのではないかなと思います。

東進は、上述した知的訓練を積む最高の環境であったと確信しています。将来を見据えた学習設計を自分でさせてくれた担任指導、自らの思考力を最大限にまで引き出すように練られた授業、そしてなによりも訓練を継続していく雰囲気を生み、ともに高めあい、それぞれの道を進むお手本となって居た周りの友達。自らの思考力を最大限に高める顕教的な勉強にはスタミナが必要ですが、それは東進にいただいたのではないかなと思います。

これから合格を目指す皆さんも、くれぐれも新仏教的な勉強にならないように(最高峰の研究機関、大学を目指しているのですから!)、自分の頭で考え、問題に立ち向かう訓練を、ぜひとも積んでください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

将来を見据えることを自分でやらせてくれたことに感謝している。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学がどんなところか、興味深い話をしてくれた。大学に行きたいという思いが強くなった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

継続的に受験してください。時間のないセンター試験における対応力を、否が応にも身に着けることが出来ます。センターは慣れです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東大合格実績

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友達がどのような進路を考えているのかを知り、色々な可能性を考えたことや、勉強の進捗について議論したこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

人とコミュニケーションをとりながら、何かを遂行する能力が重要だと認識でき、それが身につきました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高3の10月に模試の点数が急落し、焦りました。しかし自分がやってきたことを信じて継続していったらいつの間にか乗り越えていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

スターウォーズエピソード9を東京で見るという想像をする。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

文系なら東大でしょ、と自分で考え、漠然とあこがれを持った。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

成功のみを考えて突っ走った日々

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

外交の面で、日本が海外に置いて行かれないようにしたいなと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
すぐ返ってくるので復習がしやすく、解説授業も良質。

過去問演習講座
添削の精度は高く、解説授業によって理解度が段違い。気づいたら過去問演習が10年分終わっていて、本番対応力もついています。

実力講師陣
東大対策授業をされている先生は、どれもプロ。特に東大特進コースのライブ授業は、東大合格のための最短コースだと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策数学[Ⅰ・A/Ⅱ・B]-論理編- 】
長岡先生のこの論理編では、数学の根本理論に焦点を当てながら、その応用による問題解法を丁寧に説明してくれます。苦しみながらもこれを突破した後には、面白いように東大数学が解けてきます。

【 東大日本史 古代~近世編 】
一番最初に受講した時はまったく何言ってるかわからなかったですが、だんだんと理解し始めるようになると、日本史の新天地が開けてきます。各時代の構造と論理をつかむのに最適(収録問題は難問ばかりです。)

【 東大対策国語 】
かの林先生の現代文、三羽先生の古典で、東大国語のエッセンスがつまっている講座です。これを習得して過去問演習を積むのが王道とはっきり言えます。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 26

友達にシェアする

林修・三羽邦美先生

東大対策国語

国語で差をつけて東大合格を引き寄せる

東大の厳しい要求水準を突破するために、東大国語の内実を徹底的に分析し尽くし、緻密な訓練を行う講座です。他大学とは次元の違う極限まで洗練された問題の本質にどこまで迫れるか、あの狭い解答欄にどこまでポイントを押さえて表現しきるか、さまざまな課題をクリアしながら、東大合格への基盤を固めていきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:基礎力は十分に身についている東大志望者