2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本女子大学
家政学部

no image

写真

播本菜帆さん

東進ハイスクール八千代台校

出身校: 成田高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 競技かるた 主将

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

高3では部活動で全国大会出場。受験勉強と両立できた

 私は、部活と受験勉強をどちらも妥協せず両立させたかったので、自分のペースに合わせて学習を進められる東進に入ることにしました。

高1、高2はほぼ部活動に専念しながらも、隙間時間に高速マスター基礎力養成講座を活用して基礎の徹底に努めました。

高3では部活動の全国大会出場が決まり、改めて引退が8月中旬であることを自覚し、周囲に後れを取ってしまうことに焦りを抱きました。しかし、自分のペースで受講を進められる映像による授業と、担任助手の方々のサポートのおかげでなんとか部活と受験勉強を両立することができました。

私が、受験においてやって良かったと思うことを2つ上げたいと思います。

1つ目は過去問演習です。志望校の過去問演習は、センター試験の直前期を除き継続して行いました。演習を通して私に足りない部分を把握し、補うための予定を立てました。必ずしも予定通りに進められる訳ではなかったのですが、担任助手の方が親身になって相談にのって下さり、無理のない予定に修正し、実行することができました。予定を立てる際は、長期(2・3か月毎)、中期(1か月ごと)、短期(1週間毎)の3つのスパンで目標を立てる方法が一番予定の修正が効きやすく便利でした。

2つ目は夏期合宿です。合宿前は1日15時間勉強することができるか不安になりました。しかし、安河内先生の、満点を狙って集中しつつも楽しんで英語を学ぶ授業は、英語力の上昇だけでなく、外国語を学ぶ上での基本や英語を話すことの楽しさを知ることができ、貴重な体験となりました。

今後は、管理栄養士を目指して「食」の観点から人の健康に関わり、健康寿命を伸ばしていくことを課題として活躍していきたいと考えています。そのため、大学では楽しみながら栄養学や医療に関する知識を深めていきたいです。つらいことも多い受験生活ですが、試験終了後に「やりきった!」と思えるように対策し第一志望合格を勝ち取ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

第一志望校に向けた対策方法

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

逆算した計画の立て方

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで進められるため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

学習計画の進捗確認に活用していました。

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の大逆転!(激)頻出英語!総チェック 】
直前期の総復習に最適でした。

【 生物攻略 計算編① 】
計算問題、遺伝問題の苦手はこの講座で解消できました。

 日本女子大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9

友達にシェアする