2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

上智大学
外国語学部

no image

写真

田中里菜さん

東進ハイスクール新松戸校

出身校: 専修大学松戸高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 合唱部

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

合格までの道のり

 私は、上智大学外国語学部フランス語学科に合格しました。今回はその合格までの道のりについて書きたいと思います。

私が東進に入学したのは高3の4月です。高1、高2の頃は部活に明け暮れ、勉強は定期テストの1週間前くらいに少しだけやる、という程度のものでした。しかし英語は好きな科目だったこともあり、学校の講座などを利用して勉強していました。

東進に入るきっかけは、友達に誘われた公開授業に行ったことです。そこで英語の今井先生のお話を聞いて、勉強へのモチベーションが上がり、入ることを決めました。得意科目はより伸ばせるように、苦手科目は苦手を無くせるように、を心がけて受講を選択しました。初めの頃は2つ程しか受講していませんでしたが、徐々に数を増やしていきました。

夏休みに入り部活も忙しくなりつつありましたが、部活がない日は日最低時間を目安に勉強していました。もちろん部活で疲れて思うように勉強がはかどらなかった日もありましたが、それは仕方のない事なので、その日は早く寝て次の日に取り返す勢いでやっていました。部活を9月中旬に引退して勉強一筋、という状況になってからは志望校の過去問を何周もして、インプットとアウトプットを繰り返す勉強を続けました。センター試験では緊張して思うように点数が出ませんでした。

しかしそこで後ろ向きになるのではなく、最後まで合格を信じて志望校の一般受験当日では今まで自分がやってきたことに自信を持つことができました。

受験期は長くて辛いように感じるかもしれませんが、試験当日に「自分はここまでやってきたから大丈夫」と胸を張って言えるように今は努力を重ねる時期だと思います。頑張って下さい!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の事とか入試方法の細かいところまで教えてくれたのはとても助かりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも明るくて楽しいグループ・ミーティングをやってくださって、勉強の合間の良いリフレッシュになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解説を隅々まで読んで、間違えたところとかは自分でノートいまとめてた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

公開授業で今井先生のお話を聞いて勉強へのモチベーションが上がった。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他の人の進み具合を聞いて、自分の方が遅れてたら焦るから、それでモチベを上げてた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活を通して身についたのは、辛くても最後までやり続ける力。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

模試で結果が出なかったり、過去問の点数が悪いときはつらかった。落ち込んだりクヨクヨしてても点数が上がるわけじゃないから、と自分に言い聞かせてひたすら勉強するしかない。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のパンフレットを見る。音楽聞く。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

担任の先生の先生に言われて調べて、国際的な学校だと知ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

最初の頃はできなかったことができるようになって楽しかったけど、ある程度までいくとなかなか伸びないから、そこからはずっと辛かった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

日本と諸外国の交流に携わることがしたい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
これを受けて英語の長文を読むスピードが上がったから。

【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
テキストの内容が濃くて分かりやすいから、日本史の勉強でさまよったらこれを見れば頭が整理できたから。

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
古文が全く読めなくて嫌いだった私が古文を面白いと思えたのは、この講座のおかげだから。

 上智大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒