2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1255人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

東京大学
理科一類

no image

写真

財前遥輝くん

東進衛星予備校大分西校

出身校: 大分上野丘高等学校

受験モードの切り替わる仲間たちに触発されて頑張れた

 3年前、灘高校にぎりぎり不合格だった僕は、「あまり勉強しなくても思ったより成績がいいと思うなら、なぜ納得が行くまで勉強しなかったのだろうか、次こそは」といったことを反省しました。

残念ながらこつこつ勉強を続けられるタイプではなく、3年の夏の引退までは吹奏楽部に熱中し、ほぼ毎日東進に行ってはいたもののあまり勉強していませんでした。しかし、引退後、3年前のことを思い返し、また多くの部活よりも引退が遅い中、急激に受験モードの切り替わる部の仲間たちに触発されて僕も遅れを取り戻そうと頑張れました。

僕を支え、一緒に頑張ってくれた友人や後輩たち、応援し続けてくれた東進、学校の先生方、そして口出しせず温かく見守ってくれた家族に非常に感謝しています。

よかったと思うことは復習をしっかりしたことです。今まではあまり復習を重視してきませんでしたが、今回はやり直しノートを作成しました。これには、ここの問題に対しての詳しい解説ではなく、一般化させて、使える考え方、思いつきにくいが便利な方針など、応用の利きやすい形にして記録しました。さらに、過去問演習・模試後にはその感想や反省、および以降の演習で改善したいことを残しました。これらを演習前に見直し、問題そのものと時間配分など意識の両面において前回からの成長を図りました。

一方、反省点は、難問にあせり、単語・文法など基礎を疎かにしてしまったことです。ある程度の段階までは基礎が適当でも案外点が取れますが、実はそれは基礎ができている人に比べると学習効率が劣り、またその段階を超えてしまうと点が伸びなくなるように思います。僕は直前になってこのことと基礎の甘さに気づき、貴重な直前期を単純な暗記などに費やしてしまいました。

特に再難関を目指す、優秀な人はこれに陥りがちだと思うから、注意して、早い段階で二次試験レベルまでの基礎を完成させてほしいです。特に東大の問題は、基礎を真面目に積み重ねた人がうまく立ち回れるように感じるので、面倒に感じる人も多いでしょうが少し我慢して基礎を固めてから難問に挑んでほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

夏期特別招待講習申し込み受付中!

東進の夏期特別招待講習申し込み受付中!

友達にシェアする