2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
現代福祉学部

no image

写真

眞野愛花さん

東進ハイスクール津田沼校

出身校: 船橋東高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 軽音部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

自分のペースで進めて早期修得、定期テストの成績向上にも繋がった

 私が東進に入学したのは、勉強する環境が欲しかったからです。その時の私の状況としては、志望校や志は決まっていたものの、その目標に対して自分ひとりで適切に勉強していく自信がありませんでした。

入学してからは、勉強量が増えました。具体的には高速マスター基礎力養成講座等を使っていく中での受験に必要な基礎の完成や、週七コマ受講していく中での早期における苦手分野の克服をしていきました。東進だからこそ他の予備校とは違い、自分のペースで進めて早期修得ができました。これらの勉強を進めることで計画性が身につき、模試での成績だけでなく学校の定期テストの成績向上にも繋がりました。

受験が本格化していくにつれ、周りの雰囲気も大きく変わってきました。そんな中私が取り組もうと思ったのが、夏期合宿です。事前指導を含め、合宿の五日間での密度の濃い勉強は、私のモチベーション、集中力、計画性を高めてくれました。合宿中に培ったこれらの要素が、英語だけでなく全教科の学力を伸ばしてくれました。

受験の終盤では、教科によっては思うように結果を出せず精神的につらいこともありました。しかし、目標を変えることなく諦めずに頑張り続けることで、センター試験本番では自己最高得点を記録する事ができました。これから大学では、夢に向かってモチベーションを保ち続けて諦めず努力をしていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

現状と志望校のギャップに気づかせてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングが楽しかったので、良い息抜きになった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

ときなおしでノートを使うことをおすすめします。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

自習室がしっかりしている。映像による授業のクオリティが高い。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世の中で必要とされているが、その数が少ないがゆえに供給不足となっている需要に対応するような仕事をしたい。つまり、少数意見をピックアップするような存在でいたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
返却が早い。分析が丁寧で見やすい。

過去問演習講座
点数が色分けされるので、弱点が分かりやすい。平均点の記載。

実力講師陣
とにかく分かりやすい。勉強自体を好きになれる。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】


【 入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破) 】


【 過去問演習講座 筑波大学(全学部) 】


 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

友達にシェアする

出口汪先生

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒

志田晶先生

入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅰ・Aで70%を突破

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅰ・A(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅰ・Aを受験する生徒、センター試験数学Ⅰ・Aの過去問等の得点率が40%未満の生徒