2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

林洸太くん

東進衛星予備校武蔵小山駅前校

出身校: 小山台高等学校

東進入学時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

センター試験で良い点を獲れなければ他の入試でも高得点を獲れない

 僕は、高校2年の1月に初めて東進のセンター試験同日体験受験を受けました。そのときは、現代文の点数が著しく低かったため模試後の担任の方との面談で東進の現代文の授業を受講したほうが良いというアドバイスを受けました。

僕は乗り気ではなかったのですが、先生から体験期間には授業だけでなく高速マスター基礎力養成講座も利用できると聞き、体験だけはしといて損はないと思い、まず板野先生の「ベースチャレンジ現代文」を受講したところ現代文が苦手だった私にとって分かりやすいものだったため継続して受講したいと思い入学を決めました。

東進の現代文の授業は過去問を中心とした問題と講師の丁寧な解説がついているため現代文解答のプロセスを着実に学べました。「ベースチャレンジ現代文」の後は「板野博行ハイパー現代文(難関私大編)」を一年間受講し続け結果的にセンター試験本番のの現代文は9割以上得点できました。また慶應大学の小論文を書く際の論理的な文章を構成する力がついたと思います。

英語は単語、文法を夏休み期間中に完成させ2学期以降を問題演習にすべきだと思います。また東進の過去問演習講座は解答、解説が細かく書いてあるので熟読するとよいでしょう。難関大の英語は構文が複雑で読みにくいためたくさんの文章を読み英文に慣れることが必要です。僕はただ問題をやみくもに解くのでなく自分の苦手な問題の分野、ジャンルを把握して東進の単元ジャンル別演習講座で苦手分野を重点的に演習しました(僕は文法の正誤問題が苦手だったため文法の単元を演習し続けました)。

センター試験について書きたいと思います。私立専願者は国公立志望者と比べてセンター試験はさほど重視しなくても良いと考える人が多いと思います。ところがそうでもないのです。私立にはセンター利用入試があるためセンターで高得点を獲ればそれだけで合格が決まってしまいます。僕もセンター利用で滑り止めの大学に合格できたため第一志望の入試は安心してのぞむことができました。

また少し厳しく言うとセンター試験で良い点を獲れなければ他の入試でも高得点を獲れない場合が多いです。これらの点を踏まえれば私立専願者もセンター試験を重視すべきです。僕はセンター対策を夏休み中に行いました。東進の過去問演習講座 センター対策は過去の模試70回程を解くことができセンターの問題に慣れることができました。

ここまで勉強法のようなことを書きました。勉強法に加えて受験で大切なことは精神状態の維持だと思います。受験生はほぼ全員、模試の成績が思うように伸びなかったり勉強に飽きたりなど辛い思いをすることがあるはずです。そのときは誰でも良いので周囲の人に相談してみてください。

また受験は自分を知る機会だと思います。僕は自分が法律に興味があること、自分が何に向いていて何に向いていないかを知ることができました。受験は一生のうちで最も有意義な時間だといえます。これから受験勉強を始める方は少しでもこのことを意識して欲しいと思います。

僕はこの春から法学部に進みます。司法試験を目標に勉強していきたいです。これからの勉強でも受験で培ったことが活かされると思います。受験生の方も目標や夢を持って頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の方との面談で自分にあった講座を決めることができた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の生きた情報を得ることができた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

できなかった問題は絶対に見直してください。

Q
東進を選んだ理由
A.

東進は高速マスター基礎力養成講座や過去問演習講座など自主的に自由に学習できる環境がそろっていたため魅力を感じました。また授業が面白く受講し続けたいと思ったことも東進を選んだ理由の一つです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングは勉強の息抜きを兼ねたものとなりました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

夏に武藤先生の特別招待講習に行きました。英語の音読の重要性を知りました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

12月頃英語の点数が伸びない時期がありました。そのときは無理に問題を解くのではなく英単語や文法などの基礎だけを継続しました。しばらくすると再び英語が解けるようになりました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

模試ごとの結果や判定でやる気を高めていました。良いときはもちろん悪いときは次は良い結果を出そうと勉強に熱が入りました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

法学部に進学したいと思ったので私大で一番偏差値が高い慶應法学部を志望校にしました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分自身を知る良い機会。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で学ぶ法の知識や教養を活かして社会に貢献したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英語の基礎を固めることができました。

過去問演習講座
過去問演習を繰り返すことで問題への対応力も身に付きました。

実力講師陣
授業が分かりやすかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 板野博行のハイパー現代文(難関私大編) 】
私大の問題傾向を掴めます。

【 過去問演習講座 センター対策 】
センターの問題に慣れることができます。

【 早大現代文 実力錬成編  】
早稲田大学に特化した内容で早稲田合格に直結しました。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

友達にシェアする

板野博行先生

板野博行のハイパー現代文(難関私大編)

解法パターンを徹底マスターし、難関私大突破!

上記に挙げた東西私立の難関大学の問題を扱う。難関私立大学は設問形式がバラエティーに富んでおり、なかなか一筋縄ではいかない。その意味では、早期の対策が非常に有効であり、その対策の有無がそのまま合否に直結すると言っても過言ではない。そこで授業では以下の内容を展開する。① 難関私立大学特有の問題形式(空欄補充・抜き出し・脱文挿入・接続語補充など)を完全に網羅し、その対策を立てる。② 問題文の「ハイパー化」を図り、速く・正確に読解するテクニックをマスターする。「板野の解法パターン」を徹底マスターし、難関私立大学のどんな問題でも高得点をたたき出せるようにし、現代文を得点源にする。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:早稲田・上智・明治・青学・立教・法政・中央・関西・関学・同志社・立命館大学等を志望する生徒