2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1244人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

青山学院大学
経営学部

no image

写真

杉本菜奈さん

東進ハイスクール三軒茶屋校

出身校: 普連土学園高等学校

東進入学時期: 高2・7月

この体験記の関連キーワード

東進に入って一番成長したのは勉強する習慣がついたこと

 高2から高3の春までは全然成績も伸びず、点数が半分にも満たないという期間が続き、いくら勉強しても自分は志望校には受からないんだろうなと思っていました。高3の夏前くらいにやっと模試で点数が英国ともに100点を越え、すごく嬉しかったのを覚えています。そこからはもっと頑張らなきゃ第一志望には受からないと思い、一日に勉強する時間を増やしたりしました。

英語の単語熟語、古文単語は毎日手を付けるようにしました。英語古文はひたすら覚えるしかないので最初は本当につまんなかったです。世界史は学校の定期試験の勉強を全力でやるのに加え復習を始めました。学校の試験を一応それなりには頑張っていたので単語は一度復習したら入ってきた気がします。物語感覚で覚えると楽しいなと思いました。

夏休みは一日12時間以上勉強するという目標を立てほぼ毎日東進に通いました。結局10時間できれば良い方という感じでしたが、やっぱり東進に来て勉強するのと家で勉強するのでは東進に来た方が効率よくできた気がします。

平日は学校が終わるのが遅く遠かったため、東進に17時に着いていました。他の学校の子がお昼くらいに終わってそっからずっと勉強してることを考えたらすごく焦りました。でも逆に短い時間を効率的に使おうと思えてそれはそれで良かったのかなと思いました。東進に入って一番成長したのは勉強する習慣がついたことだと思います。ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

区切りをつけて頑張ろうと思える。

Q
東進を選んだ理由
A.

家の近くにあったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで受験期の不安とかを共有できるのがよかった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプのときは勉強をやめた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のサイトを見る

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

家から近い

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 青山学院大学(文・教育・社会情報学部) 】


【 安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語 】


【 吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編) 】


 青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする

安河内哲也先生

安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語

基礎からたのしく英語がわかる重要事項濃縮講座

この講座は、あらゆるタイプの入試問題、特にセンター試験において得点が上がる方法を濃縮した成績アップの決定打です。特に、入試において大きな割合を占めている長文が、スラスラ楽しく読めるようになりたい人には必須の講座。英語が苦手な人でも、英語が大好きになること間違いなしの楽しい内容の英文素材を毎回2つピックアップ! 私大入試や国立二次の対策も視野に入れて出題形式を工夫しています。また、この講座ではネイティブによる音声を使用して、音読の仕方に徹底的にこだわります。今まで、発音ができずに音読に挫折した人でも、絶対に挫折させることはありません! デタラメな音読とは決別です。英語なんてやれば誰だってできるようになる!Enjoy studying English!

90分×20回+講座修了判定テスト4回

吉野敬介先生

吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編)

的中パワーアップ古文(標準編)のスタートだ。今までにない新編集のテキストで古文を君のものに!

PART1からPART4で、早稲田・上智・立教・明治・青学・中央・法政・同志社・立命館・関西学院・関西そして当然、国公立の問題もたくさん扱う。「何をどう書けばいいのか」ー記述対策も徹底指導。単語・文法・文学史は当たり前。プラス敬語・常識・和歌修辞と、いたれりつくせりのグルメフルコース。さらに各大学の代表的な設問のパターンを徹底分析したスペシャルテキストを用意したので、来年の的中は当然、設問のパターンまでまったく同じ。そして取り扱う文章は、講座名と同じように的中する超頻出文章だけを使用する。

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:レベルは問わない。ただ古文を一番得意科目にして極められたらいいなあと思っている生徒ではなく、古文を極めて武器にしてやるんだという生徒が対象。