2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

北海道大学
医学部

no image

写真

雨池明依さん

東進衛星予備校滝川明神町校

出身校: 滝川高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: 美術部・クッキング部 部長・副部長

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

応援してくれる人に恩返ししよう!

 私は、高校2年生の秋ごろに東進に入りました。理系の看護学科志望で、二次試験は学科試験でした。受験勉強で私が感じたこと、皆さんにしてほしいことなどをお伝えします。

最初に、受験の基礎となるのは単語や語句、文法などです。土台がしっかりしていないといくら難しい問題に取り組んでも意味ないので、1,2年生のうちに基礎固めをしちゃいましょう。私は、単語や漢字などは覚えるのに主に高速マスター基礎力養成講座を利用しました。高速マスター基礎力養成講座は受講が溜まっていたり、テスト勉強を優先しているとやらずに終わってしまったりするかと思いますが、毎日少しずつやるのがいいと思います。古文単語や漢字はセンターの問題の中でも比較的多くの人が解ける問題なので、差がつきやすいです。それに、覚えるだけで点数に直結するのでぜひ毎日取り組んでください。

次に、センターと二次の勉強についてです。基本的にセンター前と後でやることは変わりません。過去問をやったり、点数が取りづらい単元を重点的に復習したりしました。ただ、二次用の問題集は新しく買いました。センター用のは語句の復習、知識の確認というように使いました。あと、センター試験本番レベル模試、二次用の模試は解き直しノートを作って、なるべく1週間以内にまとめていました。その際、問題などはコピーして貼り付け、解説に載っているポイントなども交えながら解き方を意識して作っていました。

センターは、過去問の1周目を12月中に終わらせて、大問別で弱点を補強しながら7科目すべてやってました。また、二次の過去問は対策講座や、過去問演習を利用しました。3か月~1カ月前ごろまで二次とセンターは同時並行でした。そのために、センター用の受講は9月中旬までに終わらせました。

また、難関大模試や、センター試験本番レベル模試も積極的に受けてください。ただ、前者の模試は第一志望と問題の傾向が合わなかったりするので、解き直しは問題傾向が一致するのだけで大丈夫です。後者は解き直しもじっくりやって、直前にまたもう一回やるのをおすすめします。センターも二次も、本番と同じ格好、同じ時間で1回練習すると本番の過ごし方のイメージが少しはつかめると思います。

最後に、私大についてです。わたしは一般とセンター利用どちらも出願しました。一般は、二次の学科試験の雰囲気に近いものを味わうため、毎年高倍率の大学に、センター利用は、自分の自己採点が本当に正しかったか確認するために、ボーダーぎりぎりの大学にしました。ただ、私立の看護大学は面接があったりするので、その分も時間がとられます。私は3回ほど練習しました。私大選びは、国公立の第一志望になるべく負担にならないような試験が課されるところを選んだほうがいいです。

受験生の1年は我慢することも多く、辛く感じることも多いです。ですが、その分周りの支えが身に染みる1年となります。私は、日頃の感謝を大切にして、応援してくれる人に恩返ししようと1年間励んできました。頑張った分だけ合格したときの喜びは大きいです。皆さんに素敵な春が訪れることを願っています。私の体験談が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東進模試でE判定だったときも怒ることなく、次に何をすべきかを教えてくださったこと。あと、複雑な家庭事情なども心配してくださいました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎日帰り際に何かしら声をかけてくださったこと。あたたかさが心に染みました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

北大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

問題傾向などもほぼ同じに作られているので、1度は経験すべきです。復習や解き直しもじっくりしてほしいです。過去問や演習講座にない単元が出されたり、少し別角度から見た問題などが含まれているので、自分の思考の幅が広がります。何より、本番ででるかもしれません。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

高2になって、勉強は難しくなるけど課外活動もたくさん参加したい、部活も手を抜きたくないと考えたときに予備校に通うことを両親に相談し、勧められたのが東進でした。映像による授業は初体験なので不安が大きかったですが、とてもわかりやすく、巻き戻しや一時停止などがあるので、その間に教科書などで確認したりとより理解を深めることができました。また、部活の終了時間が不規則だったり、暴風雪で行けないときも多かったので、自由な時間に来校できるのはとても助かりました。休むときに自宅受講をできる柔軟性も利点だと思います。過去問演習も解説授業がついているので、難しいと感じる問題は授業で解き方を教わり、次につなげることもできました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで目標を立てる際に、部活の大会などで受講や来校ができないといった諸事情も考慮してみんなで達成できる目標を決めたり、気遣いが垣間見えたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部長として献身的なサポートを心がけました。威圧的な態度にならないようにも注意しました。副部長は部長よりも出しゃばらずに、でも存在感は消さないように、部長といろいろなことを話し合いました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

集団の規律を守り、かつ勉強も長時間こなさなければならないので、厳しい環境ではありますが、忍耐力が身に付きます。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業で来校してくださった先生がとてもパワフルで元気づけられました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

深く考えるのをやめました。目の前のものだけを素直に受け取ることに集中しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

アニメや声優が好きなので、あと1週間頑張ればアニメが見れる、二次が終わればイベントに行けるなど、辛さの先にある楽しさに目を向けました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

進路の先生に、地元の高看を目指してるとお伝えして全力で止められたことがきっかけで、大学進学を決めました。また、総合大学はチーム医療を一番実感しやすいと思ったことです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

周りの優しさ、あたたかさに何度も救われました。身近な人をもっと大切にしたいと思わせてくれる1年でした。勉強は辛かったですが、がんばれたのは支えてくださった方々のおかげですし、合格したことを一緒に喜んでくださる人がいて幸せだと実感してます。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

看護師になって、発展途上国の医療の現場に赴き、その国の医療の発展に貢献できたらいいなと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
移動中、お風呂、待ち時間などの少しの時間でできるのが魅力です。暗記はほぼこれでやってました。

過去問演習講座
センター、二次と利用してました。センターは過去問で弱いところを大問別で補強するように学習してました。二次は添削が丁寧なので、自分の気をつけなければならないところが明確になります。

実力講師陣
個性的でとても愉快な方々でした。かつ分かりやすくて全然飽きが来ません。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
センターの過去問・大問別をうまく使い分けられること。解説授業も要点がまとまっているので、苦手な数学などはいつも利用していました。

【 過去問演習講座 北海道大学(全学部) 】
添削が丁寧で、どこで何点落としているという指摘、この内容を盛り込むといいというアドバイスがとても役に立ちました。解説授業も、解き方や時間短縮のコツなど学ぶことがたくさんありました。

【 北大対策英語 】
確かな読解力を身につけるためにとても有効でした。文構造や単語も解説してくださったりと、ただの長文読解で終わらないのが魅力です。音読も役に立ちます。

 北海道大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする