2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京学芸大学
教育学部

no image

写真

永美弘貴くん

東進ハイスクール渋谷駅西口校

出身校: 目黒高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: フォークソング部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

東進で勉強していくうちに勉強の楽しさ、成績が伸びる喜びを感じた

 自分が東進に入学したときは高校1年生の時でした。高校2年生の夏に本格的に東進で勉強を始めてからは中間目標を定め、授業で先生に言われたように予習、復習などを進めていくと成績が伸びていきました。

その後は、学校がある日や長期休み期間も計画を立て、勉強を進めていきましたが、その中では、計画に無理があったことや、長期休み後などにだらけてしまったりすることもあり、そこは反省点が残りました。東進での勉強では、受講などで勉強をしていくうちに勉強の楽しさ、成績が伸びる喜びを感じることができ、とても有意義な日々を送ることが出来ました。

受験勉強は自分次第だと感じたことも多々ありましたが、東進で担任や担任助手の先生からのアドバイスはとても役に立ちました。またグループ・ミーティングや合宿では、違う高校の受験生の仲間ができ、とてもいい刺激になったと思います。

自分は、第1志望には合格できましたが、センター試験でもあまり点が取れなかった科目もあり、私立大学はいくつか不合格だったし、第1志望の国立大学も前期日程は不合格だったので、受験は完全に成功したとは言えないと思います。1年生の頃にもう少し勉強に時間を割いていたらと後悔をすることはありました。しかし、それらも含めて受験勉強で、多くのものを学ぶことが出来たと思います。

自分は将来、教育関係の仕事を希望しているので、東進での自分の受験勉強の経験は将来に生かしていくことが出来たらと思いっています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつまでに何をどのくらいやればいいのかがわかった

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望大学の学生だったので合格のための勉強のアドバイスを受けた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので忙しくても活用出来ると思ったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループのメンバーと受験勉強の情報交換などができた

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

空いている時間を見つけて東進に行く、学校や部活がない時期に一気にやる

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

勉強しかできない環境でとても集中して勉強することができた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業では普段、画面の前にいた先生から貴重な話を聞くことが出来る機会だった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

単純作業的にできる勉強をひたすらやる

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望大学について調べてその大学にいる自分を想像する

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分の将来のための勉強と興味のある分野の勉強ができる

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

夢に向かって色々なことを学ぶ時期、楽しんだもん勝ち!

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

教育関係の仕事を希望しており、人を育てることで社会に貢献したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

スモールステップカリキュラム
予習、授業、復習、確認テストのサイクルで成績が伸びた

実力講師陣
わかりやすい授業で楽しんで勉強が進められた

高速マスター基礎力養成講座
短時間で効率的に英単語などが覚えられた

Q
おすすめ講座
A.

【 B組 】
予習で英文を読んで全くわからなくても授業を受けて、解説を聞いて理解して、先生に言われたように音読して復習するごとに英文を読む力がつくようになった。

【 スタンダード日本史 】
授業を通じて、流れを意識した日本史の理解ができるとともに、ややこしい日本史の知識も覚えることができ、日本史が得意科目になった。

【 センター現代文(90%突破) 】
授業で、現代文の文章の読み方、問題の解き方を理解することが出来たとともに、論理的な読解の仕方が身につき、難しい文章とも戦えるようになった。

 東京学芸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

友達にシェアする