2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
総合政策学部

no image

写真

松本理編くん

東進ハイスクール下北沢校

出身校: 海城高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 陸上

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

入試で運を引き寄せる「自信」を得るには、勉強量の確保が不可欠

 僕はセンター試験で思うような結果を出せませんでした。けれども、最後まであきらめずに無事東京外語大と慶應大に合格することができました。これを読んでいる方がセンター試験が終わった後なら実感していると思いますが、センター試験後から二次試験までが一番大切です。

正直この時期をどう過ごすかで本当に合否が大きく分かれます。もちろん1年を通して勉強することは当たり前に大事ですが、大学受験においては最後の最後まであきらめないことを忘れないでください。直前期、年が明けてからが本当に勝負です。僕は、受験の天王山ともいわれる夏休みに自分が思うように勉強しきれず、本当に自分が満足のいく勉強ができていたと感じるのがセンターが終わってからでした。

もう一つ重要なのが、志望校の設定です。自分の実力より上の学校を目標とすることで、最悪僕のようにセンター試験でうまくいかなくても良い学校を次の志望とすることができます。東進の担任助手は自分が登校していない時や成績が下がった時にいつも電話をくれて心強かったです。特に入試直前にその心強さを強く感じました。

自分自身は勉強に対してあまり真面目と言えるほうではなかったので、最後までサポートしてくれて本当にありがたかったです。また、受験についてひとつ僕が思ったことは、「合格」することの大切さです。どんなレベルの大学であれ、入試が始まって早い時期に合格をもらえれば間違いなく自信はつくし、流れをたぐりよせることができます。余裕があれば安全校で日程の早い大学を受けておくことをおすすめします。

最後に、入試で運を引き寄せるためには「自信」が必要です。そしてその自信を得るためには、「これだけ頑張った」と言えるような勉強量の確保が不可欠です。自分が満足のいく勉強の絶対量を確保し、直前まであきらめなければ絶対合格できます!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

校舎に行かないと、よく電話がかかって来て心配してくれているのが伝わった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも気にかけてくれた。試験の前日まで電話や手紙など何らかの形で応援してくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

楽しそうな授業を行っていると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ目標をもっている人たちに刺激された。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

夏休み出陣式。長い夏を乗り越えるやる気がでた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

経営やITについて学びたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS
自宅受講システムがあり、好きなタイミングで落ち着いて授業が受けられる。

担任指導
非常に面倒を見てくれる。

実力講師陣


Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
あやふやだった古文の知識が仕上がった。

【 スタンダード世界史Ⅰ~Ⅳ(諸地域世界の形成) 】
流れがわかりやすい!

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒